サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

  1. hontoトップ
  2. レビュー
  3. 新思索社さんのレビュー一覧

新思索社さんのレビュー一覧

投稿者:新思索社

内容紹介

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

生物界は乱交の世界?! それはなぜ??──精子競争と性的葛藤の進化史

この面白い題名にひかれて購入した読者は、その期待どおりの内容に満足するだろう。生物界は基本的に乱交の世界だそうだ。本書の最初のページから最後のページまで、ヒト、霊長類、哺乳類、鳥類、魚類、昆虫、軟体動物他と多岐にわたって、無数の乱交の具体例が披露され、興味深い事実が次々に明らかにされ、圧倒される。ではなぜ乱交なのか? それは、性淘汰と精子競争をキーワードに解き明かされていく…。雌の視点から述べる、乱交の本質への論考が新鮮である。


【主要目次】

口絵写真
はじめに
第1章 競争、選択、性的葛藤
第2章 父性とその確保
第3章 生殖器
第4章 精子、射精液そして卵子
第5章 交尾、精液注射、受精
第6章 精子競争と精子選択のメカニズム
第7章 一雌多雄の利点
文献
 邦訳文献
[付録]本文中でとりあげた種の和名と学名
索引
 事項/人名
訳者あとがき

Promiscuity -- An Evolutionary History of Sperm Competition and Sexual Conflict, 2000.

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する