サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

  1. hontoトップ
  2. レビュー
  3. 『Web現代』スタッフさんのレビュー一覧

レビューアーランキング
先月(2017年9月)

投稿数順ランキング
先月(2017年9月)

  1. 1

    UP

  2. 2

    UP

  3. 3

    UP

  4. 4

    UP

  5. 5

    UP

    体が硬い人のための柔軟講座 (NHKテキスト 趣味どきっ!)

    体が硬い人のための柔軟講座 (NHKテキスト 趣味どきっ!)

    中野 ジェームズ修一 (講師),日本放送協会 (編集),NHK出版 (編集)

    5つ星のうち 4.0 レビュー詳細を見る

『Web現代』スタッフさんのレビュー一覧

投稿者:『Web現代』スタッフ

1 件中 1 件~ 1 件を表示

編集者の学校

2001/11/01 13:36

編集者コメント

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

「編集者の学校」がいよいよ単行本(定価:本体2800円)になって、発売されることになりました。記念すべき第1回目がはじまったのは1999年の8月25日でした。連載は2年にもおよびましたが、元木昌彦校長にこの企画を始めるに至った背景について語ってもらいました。

「私の新米編集者時代に、仕事が一段落して一杯飲みながら、先輩や古手の記者たちが聞かせてくれた、取材の裏話や失敗談が、今でも忘れられないほど面白かった。この本に登場していただいている本田靖春さんや小林道雄さん、嵐山光三郎さん、朝倉喬司さん等々数え上げればきりがないが、この人たちにも多くのことを教えてもらった。(編集者の学校は)そんな“飛び切り”の話の幾らかでも次の世代に伝えてあげたいという思いで始めた。

 今回、本にするにあたってもう一度原稿を読み通した。面白い。時間を忘れて読みふけった。何度も、『そうそう、そうなんだ』と頷いた。カリスマ編集者からは、編集ほど楽しい仕事はないんだという熱い思いが伝わってくる。ライターは自分たちが琢磨してきた取材の神髄を惜しげもなく語ってくれている。田原総一朗さんや佐高信さん、櫻井よしこさんはメディアに携わる人間が持たなければいけない『覚悟』を教示してくれた。

 編集ノウハウの伝承などと大げさに言うつもりはないが、ここに登場している人たちの話は、必ず現役編集者たちの糧になると思う。これからマスコミを目指そうとしている学生諸君にとっては、こうした世界へ入る足がかりになる本だ。ぜひ、各人が長い時間をかけて積み上げてきた編集、取材、原稿の書き方を熟読玩味してもらって、これからの仕事に、人生に生かしていただきたい」

この連載に登場してくれたのはつぎの39名のみなさんです。ありがとうございました。

見城徹○田中健五○安原顯○大島一洋○花田紀凱○嵐山光三郎○荒木経惟○ねじめ正一○伊佐千尋○佐野眞一○小林道雄○白井佳夫○吉村昭○吉田ルイ子○鎌田慧○朝倉喬司○加藤仁○大谷昭宏○塩田潮○後藤正治○吉岡忍○溝口敦○野村進○立石泰則○高山文彦○江川紹子○足立倫行○須田慎一郎○海老沢泰久○吉田司○本田靖春○田原総一朗○櫻井よしこ○佐高信○野口悠紀雄○津野海太郎○下川和男○伊藤真○武田正彦○

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

1 件中 1 件~ 1 件を表示