サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

  1. hontoトップ
  2. レビュー
  3. 齋藤さんのレビュー一覧

齋藤さんのレビュー一覧

投稿者:齋藤

5 件中 1 件~ 5 件を表示

紙の本住の世界 私たちの住を考える

2003/11/03 03:15

出版社からのオススメ

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

私たちの生活の基本となる「住まい・住まう」という行為を様々な視点から検討した本。外国や日本の居住に迫る「住の文化と歴史」,自然環境の中での安全で快適な住を考える「住と自然との関わり」,商品としての住の意味を語る「住と社会・経済との関わり」,風水や祖先の住まいなどから住を巡る思想の変化に迫った「住の思想」の4章立て。このような総合的な理解の枠組み(フレームワーク)は,様々な社会や地域の現象の把握にも大変有効な手段となるだろう。

この本は,2001年度の東京都目黒区「めぐろシティカレッジ」で開講され、多くの受講めた人気講座(20回)の講義ノート・講義録音をもとにまとめたものです。

「めぐろシティカレッジ」は,東京都立大学,同附属高校,東京都教育庁,そして目黒区が中心となり設立した生涯学習講座です。区内に在住・在勤・在学する区民を対象に,多彩なテーマの講座が開講されています。

毎年とても面白い講座が開かれていて盛況なのですが,難点は目黒区に在住・在勤・在学する人しか参加できないということ。それでは余りに勿体ないということで,地元・目黒区の出版社である二宮書店は,「めぐろシティカレッジ」の人気講座の内容を,全国のより多くの方に知ってもらいたいと思い,1冊の本にまとめることにしました。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

出版社からのオススメ

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

年代・世代を越えて,生涯学習の格好の材料である地域学習の事例を,「生活する地域」という視点でまとめた。 自分が生活する地域について,人々はふだん関心を持たぬまま過ごしている。改めて見つめ直すと,そこには自然・文化・歴史・産業など多くの題材・課題が浮かび上がる。本書では目黒という地域について,地図から学んだり,実際に歩いたり,歴史や現在の産業,昔から変わらぬ側面を取り上げたりと,世代をこえて学ぶことの出来るテーマを収載した。生涯学習が活発になった今,身近な地域についての新しい発見に大きく寄与することだろう。

東京都目黒区「めぐろシティカレッジ」で開講され、多くの受講生を集めている人気講座の講義ノート・講義録音をもとにまとめたものです。

「めぐろシティカレッジ」は,東京都立大学,同附属高校,東京都教育庁,そして目黒区が中心となり設立した生涯学習講座です。区内に在住・在勤・在学する区民を対象に,多彩なテーマの講座が開講されています。

毎年とても面白い講座が開かれていて盛況なのですが,難点は目黒区に在住・在勤・在学する人しか参加できないということ。それでは余りに勿体ないということで,地元・目黒区の出版社である二宮書店は,「めぐろシティカレッジ」の人気講座の内容を,全国のより多くの方に知ってもらいたいと思い,1冊の本にまとめることにしました。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

出版社からのオススメ

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

20世紀後半における日本国内の地域発展に伴う地理的地域景観を,30〜40年有余の時を経て定点観測した,あなたの故郷の今昔がわかる写真集の西日本編です。

1967〜1980年にかけて弊社より刊行された「日本地誌」全21巻の口絵写真1,262枚から精選した地域景観写真を基本とし,その景観を再度人の目線で定点撮影した写真をもって対比観測できるよう構成しています。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本ドイツが変わる東欧が変わる

2003/01/14 03:15

出版社からのオススメ

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

旧東ドイツの人口,農・工・商業,都市と農村,地域計画の特質,またポーランド・チェコ・ハンガリーを対象に,民営化の進展,外国資本の流入,地域の変化について考察した本です。

現在の社会の抱える,経済格差や,政治体制の違いによる地域問題を考える際にも通じる,非常に役に立つ内容です。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本食の世界 私たちの食を考える

2003/01/13 03:15

出版社からのオススメ

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

生活の基本要素である衣・食・住の中で、近年特に関心の高い食文化に焦点をあてて、地理学や食品学・歴史学に関わる視点から、あるいは、食の最前線に立つ日本料理、中国料理、フランス料理、ブラジル料理のシェフや料理人の立場からのトピックをとりあげて綴った本。

食に関する本は数多く出ているが、様々な分野のエキスパートがそれぞれの視点で「食の世界」に迫ったところが、この本の面白いところ。この本1冊読めば、食通になれます!!

2000年度の東京都目黒区「めぐろシティカレッジ」で開講され、多くの受講者を集めた人気講座の講議ノート・講議録音をもとにまとめたものです。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

5 件中 1 件~ 5 件を表示