サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

  1. hontoトップ
  2. レビュー
  3. 研究社さんのレビュー一覧

レビューアーランキング
先月(2017年8月)

研究社さんのレビュー一覧

投稿者:研究社

3 件中 1 件~ 3 件を表示

紙の本乱視読者の新冒険

2004/11/08 18:41

目次

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

第I部 乱雑な本棚
蛾の思想——『アンナ・カレーニナ』を読む
にゅるにゅるの話
音の粒
鉛筆が一本
穴の記憶、記憶の穴
青春の短篇小説あるいは短篇小説の青春
物語との旅——グレアム・グリーン追悼
グリーンと演劇的瞬間——『叔母との旅』公演に寄せて
ブラウン神父の犯罪——井上ひさし編『「ブラウン神父」ブック』
クリスティと麻雀の夕べ
戦後アメリカ小説の百冊
カーヴァーについて語るとき我々の語るべきこと
銀幕の裏側——ハリウッド小説の背信
幻想文学を読み解く十冊
世界の果てとハルキ・ワンダーランド
X氏を探して
書評の文体練習——ウンベルト・エーコ『エーコの文体練習』
カム・カム・エブリボディ——『フィネガンズ・ウェイク』を巡って
カメのための音楽

第II部 大学の迷い猫
書物の森のなかへ
小春姐さんへの手紙
二十年後
新しい人よ眼ざめよ
教壇に死す
わたしの知ったこと

第III部 タイム・マシン文学史
失われた町
未来の言語
見えない小説
不完全な機械
読みすぎた男
ゼロ時間へ
流れる歴史
消滅する部屋

第IV部 『ロリータ』の余白に
失われた父ナボコフを求めて
デニス・ポッターと秘密の部屋
レム、ボルヘス、ナボコフ
ノーパンとナボコフ
ナボコフと「ループ」
トランス−ナボコフ
ナボコフと探偵小説——往復書簡集裏話
ナボコフと英語辞書
虹を架ける——『フィネガンズ・ウェイク』と『ロリータ』
電子テキストと『ロリータ』

リチャード・カウパーのために

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本これが東大の授業ですか。

2004/08/30 13:30

本書はどうして書かれたか?(出版社コメント)

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

 日本の大学では、「教養として英語を教えるべきである」という意見と、「実用英語を教えるべきである」という意見が、激しくぶつかり合っていました。
 その問題は現在、後者の一方的勝利によって幕を引かれつつあります。とともに、文学系の英語教師は窮屈な思いを強いられています。学科の取りつぶしという事態すら進行中の大学もあります。
 そんななか、佐藤君は立ち上がりました。文学系の人間が、「大学の教養」をきちんと再定義し、大学の英語の授業に、がっしりとしたコンテンツと、愛と、自信をもって授業すれば、教養と実用などという偽りの対立は消えてしまうのだということを、本書は、過去の経験の詳細なレポートによって証明していきます。これは議論する本ではありません。教材の選び方からリスニングのポイントまで、情報化時代の大学の英語授業の組み立てを一から説いた「便利ブック」なのです。
 理系と文系、ポップとアカデミズム、いろんな世界を横断的に思考している佐藤君だから示せる「21世紀の日本の英語教育の方向性」。それに向けて「正されるべき大学教師の姿勢」。本書の後半では、それが熱く論じられています。
 いえ、挑発の対象は大学人にとどまりません。すべての英語の先生と、英語の授業を受けさせられた学生・市民に熱く訴えかける内容になっています。正しい行動によって世の中が動かせると信じるすべての人々に、「佐藤君」の語りは、強い共感を呼び起こすことでしょう。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

内容紹介

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

英語学習の救世主降臨!
・愉快な12の短篇小説を英語で楽しんで(全篇対訳つき)、さらにネイティヴスピーカーの英語表現もしっかり学べる、画期的な英語学習書!
・12の短篇小説を読んで、それぞれの短篇に出てきたキャラクターがそのあと直接英語を教えてくれる。そして常にあのキュート・デビルが……

・読者のみなさんが、労蛇(ロジャー・パルバース)とともに訪れる12のあの世の世界(Other Worlds)は…

パルプの国(The Land of Pulp) 出版界の地獄
インチキの国(The Land of Inchiki) 証券・金融界の地獄
何に対してもケチをつける国(The Land of Negate) 批評家・評論家の地獄
リサイクルの国(The Land of Recycle) コンピュータの地獄
絶対なるものの国(The Land of Absolute) 宗教界の地獄
ホスピタリアの国(The Land of Hospitalia) 医療界の地獄
超でっち上げの国(The Land of Hyperbia) 広告業界の地獄
ぼろ儲けの国(The Land of R.I.P.-Off) 不動産業界の地獄
真実らしさの国(The Land of Verisimilia) マスコミ業界の地獄
訴訟の国(The Land of Litigatia) 裁判人・弁護士の地獄
有名人の国(The Land of Celebria) 有名人の地獄
忘却の国(The Land of Oblivia) そしてここは、あなたの地獄?

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

3 件中 1 件~ 3 件を表示