サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

  1. hontoトップ
  2. レビュー
  3. 田口ランディさんのレビュー一覧

レビューアーランキング
先月(2017年8月)

田口ランディさんのレビュー一覧

投稿者:田口ランディ

1 件中 1 件~ 1 件を表示

紙の本モザイク

2001/06/06 00:12

著者コメント

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

 この小説を書きながら、わたしがずっとこだわっていたのは「知覚」だった。
 特に「聴く」ということ。私には「聴く」ことは「見る」ことの上位に位置する知覚なのだ。
 「聴く」ことは「見る」ことすら内包する。つまり、よく聴く者は見える以上のものを見ている。そう思える。だから「モザイク」の主人公の名前は「佐藤ミミ」である。
 精神病院への移送途中に失踪した14歳の少年を探して、佐藤ミミは渋谷を彷徨う。

 情報化した社会に生まれた子供たちは、おじさんやおばさんとは違う知覚能力を有していると思う。そうでなければ情報を処理できないで発狂してしまうんじゃないかって思える。
 現代的な知覚能力をもつ者たちに、携帯電話の電磁波で加熱した渋谷の街
はどのように体験されるのか。
 それを描いてみたかった。
 この小説は、十代の男の子たちにも読んでもらいたいなあ、と思って書きました。
                           田口ランディ( 2001.4.11)

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

1 件中 1 件~ 1 件を表示