サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

  1. hontoトップ
  2. レビュー
  3. 武井由紀子さんのレビュー一覧

武井由紀子さんのレビュー一覧

投稿者:武井由紀子

1 件中 1 件~ 1 件を表示

著者コメント

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

 昨今のインターネットビジネスの興隆を受けてか、「ウェブサイトではユーザビリティが大切だ」との声が多く聞こえるようになってきました。

 しかし、実際にユーザビリティ向上を目的とした種々の施策に対しては、単に「コスト」としてしか捉えることができず、手付かずの領域と化しているのが現状です。

 大切であると言いながら、実行することができない。この原因は2つ考えられます。1つは重要性の認識が甘いこと、もう1つは具体的にどうしたらよいのか分からないということです。

 拙著『ウェブ・ユーザビリティ ルールブック』は、この2つの命題に一定の回答を提示するために書いたものです。

 インターネットビジネスの成功には、ユーザビリティが必須条件です。このことを認識せずに、ビジネスモデルやデザインばかりを追及しても成功を納めることはできません。

 必要性が理解できたら次は実践あるのみです。徹底的な改善を行うにはやはり専門家の助けが必要になりますが、まずは本書にあるユーザビリティルールをそのまま自身のウェブサイトに適用していくだけでも、現状とは比べ物にならないくらいにユーザビリティを高めることができるでしょう。

 1つ1つのルールは、認知科学の研究結果や、ユーザビリティテストから導き出されたユーザーの行動パターン、またウェブというメディアの特性から定義してあるため、納得して活用していくことができるはずです。

 本書を契機として、インターネットでビジネスを行う全ての人がユーザーの視点に立ってサイトのあるべき姿を考え、その結果ユーザーにとってストレスの無いウェブサイトが多くなってくれればと切に願っています。

■ 著者紹介

株式会社ビービット
 2000年3月元アンダーセンコンサルティング(現アクセンチュア)のメンバーで設立。ウェブサイトのユーザビリティの向上を中心とした、ウェブサイト設計、ユーザビリティ診断/評価により、ウェブサイトのユーザ満足度向上サービスを行っている。主な実績に「NTTドコモ インパクサイト」「電通Rネット」「日本大学」「アジレント・テクノロジー(株)」などがある。

■ 執筆者紹介

武井由紀子
株式会社ビービット取締役業務執行責任者。早稲田大学政治経済学部経済学科卒業。大学卒業後、アンダーセンコンサルティング(現アクセンチュア) チェンジマネージメントグループ入社。金融機関の組織戦略立案や官公庁のシステム開発に従事。2000年3月 ビービット設立。ビービットでは、ウェブサイトのユーザビリティコンサルティングやウェブサイトプロデュースに携わる。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

1 件中 1 件~ 1 件を表示