サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

  1. hontoトップ
  2. レビュー
  3. 稲生 信男さんのレビュー一覧

レビューアーランキング
先月(2017年9月)

投稿数順ランキング
先月(2017年9月)

  1. 1

    UP

  2. 2

    UP

  3. 3

    UP

  4. 4

    UP

  5. 5

    UP

    体が硬い人のための柔軟講座 (NHKテキスト 趣味どきっ!)

    体が硬い人のための柔軟講座 (NHKテキスト 趣味どきっ!)

    中野 ジェームズ修一 (講師),日本放送協会 (編集),NHK出版 (編集)

    5つ星のうち 4.0 レビュー詳細を見る

稲生 信男さんのレビュー一覧

投稿者:稲生 信男

1 件中 1 件~ 1 件を表示

著者コメント

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

このたび、学陽書房から地方債に関する自著『自治体改革と地方債制度〜マーケットとの協働』を出版いたしました。

 自治体財政が厳しい状況を迎える一方で、住民の行政に対するニーズは複雑化し高度化しています。このようななかで、自治体が行政サービスを提供するためには、資金調達をどのように円滑かつ効率的に行っていくかが重要となっています。

 本書は、これまでさまざまに議論され実施に移されている自治体の経営改革に関する議論やさまざまな手法、自治基本条例などの新しい自治体運営の規範作りなどの動きと、自治体の資金調達システムとの関係を明らかにするとともに、「マーケット(市場)」の視点から、地方債制度の今後のあり方について論じています。

 これまでの地方債制度については、財政制度の観点からの議論がほとんどで、マーケット、つまり投資家の観点から論じられることは少なかったように思います。今後の「三位一体」改革(税源の地方への移譲、国庫補助金の削減・廃止、地方交付税の縮減)の議論は、いずれにしても自治体の資金調達に大きな影響を及ぼすでしょう。このなかで求められる視点は、いかに「金融商品」としての地方債の魅力を高め、安定した資金調達を行うシステムを構築していく、という点ではないでしょうか?

 本書を多くのみなさまにご覧いただき、ぜひご意見をお寄せいただきたいと考えています。よろしくお願いします。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

1 件中 1 件~ 1 件を表示