サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

  1. hontoトップ
  2. レビュー
  3. じゅんこさんのレビュー一覧

レビューアーランキング
先月(2017年6月)

じゅんこさんのレビュー一覧

投稿者:じゅんこ

1 件中 1 件~ 1 件を表示

うまい江戸前漁師町

2002/12/24 18:16

著者コメント

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

 1都2県、人口2600人もの大都市にぐるっと囲われた東京湾は意外にも世界有数の漁場であり、今なお伝統漁法を伝える漁師さんたちが、数多く海で生計を立てています。そんな東京湾内湾部の漁師町をひとつひとつ神奈川県横須賀市から東京都区内、千葉県富津市に至るまで、5年がかりで歩き回ったのがこの本です。
 江戸前アナゴ漁や底引き網カレイ漁、海苔養殖等をはじめ、投網でスズキを捕る漁師、百年前とあまり変わらぬ装備の潜水夫、東京湾でもめずらしいアサリ漁法、コンブを養殖する若手漁師達などの仕事ぶりを、船に同乗し、時には海に一緒に浸かって、数多くの写真に納めてきました。また各地の漁業組合、水産関係の専門家や自然科学の研究者の方など多くの方々にご協力をいただき、検証を重ねた割には、美しいたくさんの写真と軽い文体、独特のデザインに仕上げたため、一般の方も抵抗無く手にとっていただけると思います。
 本書は、川崎や千葉市などかつての漁師町だった所も網羅し、現在残る面影を探しして元漁師達からも聞き取りを行ったほか、江戸から伝わる海遊び、江戸前寿司のいわれ、江戸前漁師の歴史と徳川幕府との関係、干潟と埋め立て地の話など、とにかく「東京湾と魚と漁師」をぎっちり詰め込みました。
 そのうえ表題にもあるとおり、東京湾漁師達の捕った新鮮な地魚料理店や魚市場、取り寄せ情報なども、100件以上紹介しているという欲張りな本です。
 これまで筆者はカメラマンの夫とヴェトナムや日本の過疎村や離島等を長年歩き回り、人々の生活を描いてきたわけですが、こんな近場に自然の鼓動に呼吸を合わせて第一次産業に従事する人たちが、数多くいることに、改めて驚かされました。
 何しろ通勤電車でちょいと出かけられる漁師町で、新鮮な地魚三昧。海も随分きれいになったというし、手軽な行楽としても東京湾は価値があります。ましてや実はこの海で捕れた魚貝は大抵が沿岸部に暮らす私たちが消費しているという事実を知れば都会人達ももっと海の事を考えるのではないか。そんな思いも込めてあります。
 ともあれ写真も大量、ルポルタージュとガイドの両方を兼ね備えたこれほど実だくさんの本は、他に類書なきものと自負しております。本当にきれいで面白いですよ。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

1 件中 1 件~ 1 件を表示