サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

  1. hontoトップ
  2. レビュー
  3. 川原つばささんのレビュー一覧

レビューアーランキング
先月(2017年8月)

川原つばささんのレビュー一覧

投稿者:川原つばさ

1 件中 1 件~ 1 件を表示

紙の本プラトニック・ダンス 4

2003/07/28 20:57

著者コメント

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

一晩限りのプライベートホスト(ホストクラブに居るのではなく、個人契約してクライアントをエスコートする)鷲尾カイと、頭脳明晰なのに人間関係に不器用で、いつも無意識で他人を誘惑しては、自己嫌悪に落ち込む絹一(けんいち)。仕事を生活の第一にしている勤め人の絹一にとって、鷲尾のような『癒し』の存在はこれまでになく、できればずっと親しい関係でいたい…そう思えるものになっていきます。でも距離が近づけは近づくほど、絹一の心の奥にひそんでいた、他人との接触を嫌悪する理由が見えてくる。そんな状況を、いつまで鷲尾は許し、どこまで絹一の『癒し』となれるのか。鷲尾のように本当にやさしい人のそばにいたら恋をしたくなるし、自分を見つめ直してみたくなるかな。書きながら、私自身そう感じています。恋人のいる人にも、恋が成就していない人にも、読んでもらえると嬉しいです。次の巻で完結の予定。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

1 件中 1 件~ 1 件を表示