サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

  1. hontoトップ
  2. レビュー
  3. 古処誠二さんのレビュー一覧

古処誠二さんのレビュー一覧

投稿者:古処誠二

1 件中 1 件~ 1 件を表示

紙の本ルール

2002/04/08 18:38

著者コメント

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

 戦争中、しかも戦地が舞台の小説など、それだけで嫌悪感を抱かれるかも知れません。実際、「日本軍」という言葉に悪魔的な響きを感じる方もいると思います。わたし自身、少なからずそんな空気を吸って生きてきましたし、戦後の日本で生まれ育った人間ならば、これは、ある意味で当然と言えそうです。
 それでも、日本軍将兵を主人公にした小説を書きたかったのは、これが思想や歴史解釈などとは無関係の話だからです。
 わたしたちはルールがあるからこそ日々を暮らすことができます。いつの世もそれは変わらないでしょう。けれど、現在のルールを過去に当てはめることはできません。「ルール」という小説は、ある時代、ある場所で、ある状況に置かれた、ある人物の話です。これを読んでくださった方が、今さかんに繰り返されている歴史認識などを巡る「ケンカ」を滑稽に感じたならば、わたしは自分の描写力に少しは自信を持てると思います。これが、あくまで「個人」の物語だからです。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

1 件中 1 件~ 1 件を表示