サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

  1. hontoトップ
  2. レビュー
  3. 朝松健さんのレビュー一覧

レビューアーランキング
先月(2017年3月)

投稿数順ランキング
先月(2017年3月)

  1. 1

    UP

  2. 2

    UP

  3. 3

    UP

    3月のライオン(1)

    3月のライオン(1)

    羽海野 チカ(著),先崎 学 (将棋監修)

    5つ星のうち 4.5 レビュー詳細を見る

  4. 4

    UP

  5. 5

    UP

    はらぺこあおむし 改訂

    はらぺこあおむし 改訂

    エリック=カール (さく),もり ひさし (やく)

    5つ星のうち 4.5 レビュー詳細を見る

朝松健さんのレビュー一覧

投稿者:朝松健

1 件中 1 件~ 1 件を表示

一休破軍行

2003/08/10 22:56

著者コメント

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

この作品のテーマは「対比」である。すなわち「神と人間」「聖と俗」「貴と賎」「光と影」「男と女」「生と死」……。考えられる様々な形の「対比」をわたしは作中に織りまぜた。それゆえに物語は陰謀渦巻く干天の京都に始まり、神々の領国たる戦乱の伊勢を経て、土砂降りの播磨で終わる。天皇の魂を宿してしまった浮浪児、将軍の地位を狙う公家大名、古き神々の復権を目論む一族、そして神であったことさえ忘れるほどに没落したモノ。天地さえ混沌と沸き立たせる中世の混沌を、どうか一休宗純と旅していただきたい。この作品を読む前と読んだ後では、きっとあなたの人生は変わっていることだろう。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

1 件中 1 件~ 1 件を表示