サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

  1. hontoトップ
  2. レビュー
  3. 青田 恵一さんのレビュー一覧

レビューアーランキング
先月(2017年9月)

投稿数順ランキング
先月(2017年9月)

  1. 1

    UP

  2. 2

    UP

  3. 3

    UP

  4. 4

    UP

  5. 5

    UP

    体が硬い人のための柔軟講座 (NHKテキスト 趣味どきっ!)

    体が硬い人のための柔軟講座 (NHKテキスト 趣味どきっ!)

    中野 ジェームズ修一 (講師),日本放送協会 (編集),NHK出版 (編集)

    5つ星のうち 4.0 レビュー詳細を見る

青田 恵一さんのレビュー一覧

投稿者:青田 恵一

1 件中 1 件~ 1 件を表示

著者コメント

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

この度『よみがえれ 書店』シリーズ第2弾、『書店ルネッサンス——進化・視察・出版営業・未来・電子ペーパー』を刊行した。そのテーマは、書店の進化と未来である。この本で、書店の進化をたどり、その未来を電子ペーパーの動向も含めて予測してみた。

前半のテーマは、書店の進化とストア・コンパリゾン(店舗視察)、そして書店からみた出版営業。本の後半では、書店、あるいは出版の未来を想像する。生き残る書店像を探る「書店に未来はあるか」と、次世代メディアが読書と出版業界をどう変えるかを追う「電子ペーパーの衝撃」が柱。

最も主張したいのは、書店は進化しているという事実であり、また、なすべきことをなせば、これからも進化するということである。ノウハウデバイド(格差)、地域型書店の台頭、コンセプトショップ、セレクトショップ、書店コンパリゾン、棲み分け営業、リテールサポート営業、プロダクトマネージャー制度、書店ロボット、1000万セラー、電子ペーパー武装型書店、デジタル系読書、パッケージ商品、コンテンツ創出流通産業などが、主なキーワード。この本を手がかりに、書店と出版の未来イメージを膨らませていただけると大変嬉しい。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

1 件中 1 件~ 1 件を表示