サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

  1. hontoトップ
  2. レビュー
  3. レイナさんのレビュー一覧

レビューアーランキング
先月(2017年2月)

レイナさんのレビュー一覧

投稿者:レイナ

1 件中 1 件~ 1 件を表示

出版社からのオススメ

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

 ソシュールは、晩年、ジュネーヴ大学で「一般言語学」の講義を三回行いました。講義が終わるとメモを破り捨てていたため、没後、講義を一度も聴いていない編者による「一般言語学講義」が、学生のノートをもとに書き下ろしで刊行され、世界中に衝撃を与えると共に誤解をも招く事態となりました。
 最も重要な第三回講義は、コンスタンタンのノートが質量ともに傑出し、ほぼ全容を伝えていると考えられます。それは当時、編著者のセシュエとバイイが目にできなかったものです。残念ながら学生によって残されたノート以外、自身の手で公表された彼の言葉を持たない以上、講義で何が語られ、何が語られなかったか、一切の憶測と独断を慎んで、私達はその思索に耳を傾けることしかできません。
 このノートにより、ソシュールの言語に対する全体、視点が明確に説かれ、曲解に曝されていた彼の思想が、どんな解説書よりもわかりやすく、正確に、自身の展開によって甦ります。言語学の見事な入門書でありながら、それをも超える到達点が示されています。言語学の原点であるとともに、開かれたその無限の可能性の中で、読者の読みが試されているともいえるでしょう。
 読売新聞、朝日新聞の文化欄でも大きく取り上げられました。今後、言語に携わる者の必読書となるにちがいありません。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

1 件中 1 件~ 1 件を表示