サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

  1. hontoトップ
  2. レビュー
  3. 丘 修三さんのレビュー一覧

レビューアーランキング
先月(2017年8月)

丘 修三さんのレビュー一覧

投稿者:丘 修三

1 件中 1 件~ 1 件を表示

紙の本けやきの森の物語

2002/12/05 18:14

著者コメント

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

【新しい領域への挑戦】

『ぼくのお姉さん』以来、私は差別や偏見の問題を主たるテーマとして創作に取り組んできました。そして、私なりに思考を積み重ねてきましたが、二〇〇〇年に書いた『口で歩く』(小峰書店)において、一応の到達点を見たような気がしました。
 これ以上、このテーマにおいて新しい視点や思想を展開する力は、私にはないと思ったのです。で、ここから先は、後から来る人の仕事に任せようと思うようになりました。
 還暦を迎え、さて残された時間にどういう仕事を展開するかと考えているうちに、私の中に「新しい領域への挑戦」という冒険心がフツフツと浮かんできたのです。まだ、何か、私の能力のどこかに未使用のまま残っているものがあるのではないか、それを使ってみれば、何か新しいものが生み出せるのではないか、自分の可能性をさらに開拓してみたい、という身の程知らずの野心が芽生えたのです。
 私は、かなり前から年賀状に「鳥獣戯画」と題して掌編童話を書いていました。鳥羽僧正筆と伝えられる「鳥獣戯画」の風刺と諧謔の世界にひかれていたのです。あの世界をぐっと広げて、私の未使用の能力を駆使して個性的な童話を書いてみよう。そう思い立って書いたものがこの一編というわけです。
 なみなみならぬ慧眼の持ち主である読者識者氏の目を通して、この作品が丘 修三の新しい出発と見なし得るかどうか、ご一読の上、判断をお聞かせ下さるようお願いする次第です。
二〇〇二年 秋
丘 修三

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

1 件中 1 件~ 1 件を表示