サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

  1. hontoトップ
  2. レビュー
  3. rfurukさんのレビュー一覧

rfurukさんのレビュー一覧

投稿者:rfuruk

1 件中 1 件~ 1 件を表示

楡家の人びと 改版 下巻

2005/04/04 21:53

楡家の人びと(上下)

2人中、2人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

 三島由紀夫の推薦文が載っているのが読むきっかけだったんですが、以前にドクトル・マンボウ・シリーズを読んでいたので、愛着のある作家でした。

 読後感は上下二巻の長編を読み終えたという充実感もありましたが、観念性の無い小説の面白さを堪能しました。思想とか啓蒙とかいった押しつけがましいところが無く、ただ単に楡脳病院を中心とした人びとの、喜悲劇を時間の流れとともに記述されていく物語は、市井に生きる市民の日常を目の当たりにでき感動的でした。

 楡基一郎をはじめとし、魅力的な登場人物が嬉々として、または傷つき挫折しながら紙面に登場しては消えていく。それでいながら、明治から終戦直後までの社会情勢や生活の息吹までが感じられる描写は、現代の小説では味わえられないものがあります。

 北杜夫氏の父親が斎藤茂吉であることは、周知の事実ですから、それらのことも理解した上で読んでいくと一層趣が深くなりますし、著者がトーマスマンの「ブッデンブローク家の人びと」を意識して執筆したというのも、この小説を理解する上で重要になるかもしれません。

 しかしそんなことはどうでもいいのです。読んで夢中になれ、残りページの少なさに涙し、いつまでもこの物語に没頭したくなる小説。それが「楡家の人びと」です。

 僕にとって生涯大切にし、何度でも読み返すこと必定の小説です。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

1 件中 1 件~ 1 件を表示