サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

  1. hontoトップ
  2. レビュー
  3. 箱庭たたみさんのレビュー一覧

レビューアーランキング
先月(2017年6月)

箱庭たたみさんのレビュー一覧

投稿者:箱庭たたみ

1 件中 1 件~ 1 件を表示

紙の本さようなら、ギャングたち

2005/04/06 17:22

世界でいちばんステキな小説

2人中、2人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

「わたしはむずかいいことばがきらいだ」(本文引用)そう、わたしもです。
「むずかしいことばで書かれたものを読むととても悲しくなる。なかなかわからないのだ」そう、わたしもです。
この本が小説なのかと聞かれたら、わたしはわからないと答える。
では何なのですかと聞かれたら、詩でしょうね、たぶん。散文かな? わからない。と答える。
最後におもしろいですかと聞かれたら、わたしにはわからないと答える。
わたしが言える唯一のことばは、でもステキ、それだけ。
この本が小説としてジャンル分けされて売られている以上、小説なのかもしれないが、詩として書かれたものが小説として読まれていてもかまわないし、小説が詩になっても、詩が小説になっても、日記帳でも住所録でも、小説になってかまわない。小説は、それら全ての「ことば」を受け入れる器にすぎないのだから。
素直にことばを読み、感じる。
その結果が、つまらなかったり、おもしろかったり、なけたり、わらったり、すること。
そしてこの小説は、ステキと感じさせる。
わたしはいま現在の日本に、このような小説が存在していること、そのことがいちばん素敵です。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

1 件中 1 件~ 1 件を表示