サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

  1. hontoトップ
  2. レビュー
  3. 高見もやさんのレビュー一覧

レビューアーランキング
先月(2017年8月)

高見もやさんのレビュー一覧

投稿者:高見もや

2 件中 1 件~ 2 件を表示

敵討ち法の存在するパラレル日本

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

「敵討ち法」が制定され、合法的に敵討ちが許された世界。敵討ちは正式に国家試験に合格した敵討ち執行代理人に依頼する形で行われる。敵討ち執行代理人試験に合格し執行代理人となった主人公は、敵討ちを執行していく。
こういった設定のある本作ですが、帯にあるとおり、作中の空気管は絶妙だ。
登場人物も設定も世界観もほとんどすべてが狂っている。
にもかかわらず、現代日本とどこか通じているものがある空虚な世界。
心のゆがみを持つ叶ヒロシを主人公にすえ、同じ暗さを抱える登場人物ともども、暗い暴力と人間性をあらわにしていく。
ざらついた暴力をスタイリッシュに表現していくこの感じ。
なかなかない気がする

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本きみとぼくの壊れた世界

2005/05/01 22:12

どの視点で読むか

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

ずばりこの小説の正体を言ってしまえば、推理できる材料を徹底的に排した叙述推理小説だ。
単純にキャラクター性だけに目を向ければ、ただのライトノベルとして読めないこともないが、小説中に配された物を読めば、けしてそれだけではないことがわかる。
徹底的に材料は排されている。
主人公は殺人が起きたことを人づてに聞くが、現場の状況はおろか、どうやって被害者が死んだのか知らない。
疑おうと思えば、本当に被害者が死んだのかすら、疑うことが出来てしまう。
そんな作りにこの小説はなっているが、こういうし掛けがはたして購買層とあっているのかな?なんて思わせてしまう佳作推理小説

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2 件中 1 件~ 2 件を表示