サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

  1. hontoトップ
  2. レビュー
  3. QJ BOOKSさんのレビュー一覧

QJ BOOKSさんのレビュー一覧

投稿者:QJ BOOKS

1 件中 1 件~ 1 件を表示

紙の本かばくん

2005/05/20 11:44

中谷千代子さんの絵が最大の魅力!

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

幼稚園の親子遠足で動物園へ。
そこは、まさしく『かばくん』の絵本の世界でした。
子どもたちは、カバの前で檻から身を乗り出して、
「かば〜っ!かば〜っ!かば〜っ!」とみんなで大合唱。
どの子も真剣に、動物に話しかけていました。
シロクマの前でも同じ。
キリンやライオンの前でも同じ。
すると、動物がちゃ〜んとお返事してくれるんですよ。
「お、このキリン、子どもが好きなのかナ?」
っと思うくらい。
家族で行ったら、こんな恥ずかしいことできないので、
気がつきませんでしたが、大発見です。
ぼくとペットのかめくんと、
かばくんとちびのかばくんと、
子どもたち
いろいろな関係がある、雑多な動物園らしいお話です。
そして、最後に、おやすみ・・・で終わる絵本は、
ママの強い味方です。
この絵本の最大の魅力、中谷千代子さんの絵は、
シンプルで力強く安定した線と
ベタな背景で構成されていますが、
どのページをめくっても、素晴らしく完璧でため息がでます。
子どもにわかりやすく、カバに親しみがわく絵本らしい絵です。
微妙な色合いと、大胆な構図にもしびれます。
大好きな1冊です。
『ジオジオのかんむり』も中谷千代子さんの作品です。
この絵本、文章を読まないで、
絵だけでお話をつくって、楽しむことができます。
子どもに、名前をつけて読んであげると盛り上がります。
素晴らしい絵本です。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

1 件中 1 件~ 1 件を表示