サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

  1. hontoトップ
  2. レビュー
  3. 氷魚さんのレビュー一覧

氷魚さんのレビュー一覧

投稿者:氷魚

1 件中 1 件~ 1 件を表示

紙の本先輩とぼく

2005/05/24 01:50

ひたすらハイテンション。

2人中、2人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

もうこのタイトルにつきます。終始これでした。
なんでしょう、このベタベタなノリを一度心地いいと感じてしまったら、もうどっぷりハマッて抜け出せない、そんな作品ではないいでしょうか。そしてそんな中のひとりが私です。本屋で立ち読みは恐ろしくてできないですよ。笑い堪えられそうにないので。ベタベタ過ぎるって逆に新鮮に感じるって本当なんですね。
この本は、深読みなんて難しいことは置いといて、純粋に“先輩と愉快な仲間たちの素敵な日常”を笑う、そんな風に読みたいです。というかそんな風に読みました。お笑いコントを見るようなあのノリです。あとがきにて作者ご本人も“楽しい気分になれる。そんな話を目指しております。”とおしゃっておりますし。
いやに重かったり難しかったりする主題を持ってきたがる本なり、映画なりに疲れてしまったとき、こんな作品もあるんだと知ると、救われる気がするのはきっと私だけではないはず。
なにか、長文の上偉そうに締めくくってすみません。ただ、純粋にこの作品をお勧めしたかっただけです。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

1 件中 1 件~ 1 件を表示