サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

  1. hontoトップ
  2. レビュー
  3. 間抜作さんのレビュー一覧

間抜作さんのレビュー一覧

投稿者:間抜作

2 件中 1 件~ 2 件を表示

紙の本夕凪の街 桜の国

2005/07/12 12:11

切な悲しくて優し懐かしい

11人中、11人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

たまたま書店で「賞を取った作品」という理由だけで衝動買い。
まんがも粗製濫造気味で、こうでもしなければ「あたり」を見つけられないのだ。ほのぼの系まんがと思っていたらいわゆる「ヒロシマもの」だったので、少々がっかりする。この手の作品は教師が子供に読書感想文とセットで強制するモノであり、あまり愉快な記憶がないからだ。
しかし、この作品は違うかった。3部作の第一話は「夕凪の街」どこか懐かしい暖かみのある絵で禍々しい表現がなく、モノクロームの古い映画を見るような印象で普通のラブコメまんがといった導入部です。
普通ぽいラブストーリー作品だけにショッキングすぎるラストシーンの虚無感や空虚感が「ヒロシマ」の重さを余計に強調するのだ。風に舞う原水禁のビラがいい味出しています。
ほのぼのマンガの画風でこの内容は反則やん。涙でたよ。
第二話「桜の国1」第三話「桜の国2」は末裔のごく普通の現代っ子が被爆2世として強く生きる姿を活写しており、原爆というモノの業の深さを感じずにはいられない。感動的なラストシーンで「いのち」のすばらしさにつなげる構成の見事さといったら近年のマンガにはないすばらしいものです。山田太一のホームドラマ的な導入部といい、途中にちりばめられた伏線がすべて夕凪の街と連携しているところといい、作者の力量には感心します。
あまり聞いたことのない無名の作者でしたが、雑誌掲載時に大反響があったのもうなづける話です。「この作者のほかの作品は無いのか今すぐにでも読みたい」「編集部やればできるじゃん」
「ほのぼのマンガだと思って油断して読んで電車の中で涙が出て
しまった」「最近のマンガはツマランと思っていたがこんなのがあるからやめられない」といった反響をよく見かけたが、この作品を読んだ人間ならば皆こうなるであろう。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

人生なんて夢みたいなものさ

7人中、7人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

極太の線で書かれた独特の画風、あまり耳慣れない作者と
出版社。他人の書評がなければ存在すら知らなかったよう
な作品ですが、著者のデビュー作とは思えない完成度の高
さでした。
単なる短編連作オムニバスではなく、最終話ですべてのお
話が合流する巧みな伏線になっており、すべてのお話がど
こまで本当でどこまでウソかわからない巧妙なフィクショ
ンなので読者は現実から遊離したような感覚にとらわれま
す。南米産のオートバイ、宇宙飛行士になれなかった男の
ために書かれた虚構の別史、チェルノブイリ原発事故で「
向こうの世界」に行って戻ってきた男・・・。
劇中劇的に作者が登場したり、途中でストーリーが書き換
えられたり、読者自身が他人の夢に侵入したような強烈な
違和感に陥ります。そして壮大なフィナーレで人はみな、
人生という名のお芝居をエンドレスで演じているのかもし
れないと感じるのです。
最近のワンパターンな商業主義マンガとは一線を画す骨太
の作品と言えます。作者は寡作のようですが、ほかの作品
も是非見てみたい。
(この作品中の「ガガーリン大統領」の記憶に操縦不能の
ミグ15戦闘機の映像がフラッシュバックするあたりのオ
チは理解できる方がいるのでしょうか(^^;;)

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2 件中 1 件~ 2 件を表示