サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

  1. hontoトップ
  2. レビュー
  3. ムネさんのレビュー一覧

ムネさんのレビュー一覧

投稿者:ムネ

1 件中 1 件~ 1 件を表示

ダイブ

5人中、5人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

書店で何気なく手にとって読み始めたらすぐにやめられなくなって、その後夢中になって読みました。あまりに強烈な物語なので、いろんな感情が一気にこみ上げてきて、対処に困るくらいでした。しかしながら、自分は自分の人生をそれこそ深海にダイブするくらいの覚悟で生きるべしという想いが、まるで読むことで誓いを交わされたかのように強くこみ上げてきました。
著者は自分自身の野心や過ちを認めた上で物語を進めているので、著者を非難するのは容易にできる構成になっています。しかし、著者は、その過ちをすべて引き受けることで関わってくる人物達の生き様をリアルに描くことに成功しています。
不確かな記憶ながら、登場人物のオードリーは本文中にあるようにかつてセイコーの広告に載っていた人だと思います。そして、当時オードリーの死を扱った雑誌の記事も読んだ気がします。そのときも、映画「グラン・ブルー」であつかわれたフリーダイビングは非常に危険なスポーツだという論調だったと思います。
フリーダイビングの記録競争自体はもうやめにしたほうがいい、これだけは私も読後強く思いました。
しかし、それでもオードリーの姿にあこがれをもち、映画「グラン・ブルー」に心底感動した一人として本書を推薦します。
ここには海に対して人が抱く神秘的なまでの感情が鮮明に描かれており、それは海の中で生きていくことはできない人間が永遠に持ち続ける憧憬ではないかと思えるからです。
ジェームス・キャメロンによる映画化が大いに楽しみです。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

1 件中 1 件~ 1 件を表示