サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

  1. hontoトップ
  2. レビュー
  3. あずき大福さんのレビュー一覧

レビューアーランキング
先月(2017年1月)

あずき大福さんのレビュー一覧

投稿者:あずき大福

2 件中 1 件~ 2 件を表示

私の人生私の昭和史

2006/08/16 16:03

仕事は人を裏切らない(本文より)

4人中、4人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

偶然のなりゆきで、会社員から文筆業に転身。ノンフィクション作家として、自分の感性のレーダーだけを頼りに取材を続ける作者。少女時代の話から、国後島に本籍を移すところまで一気に読んだ。取材秘話なども興味深く、もっと昭和史を勉強したいと思った。が、それよりも、「結婚退職してつまらない現実から抜け出したい」と考えていた作者が「仕事が伴侶」に変身していく様がおもしろかった。仕事や人間関係に悩む、特に女性のみなさんに読んでもらいたい。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本エンキョリレンアイ

2006/08/14 16:46

ウンメイノデアイ

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

カタカナ書きのタイトルにひかれて、手に取りました。日頃「運命の出会いなんてあるわけないじゃん」と思い、恋愛小説から遠ざかっていましたが、この本はスイスイと読めました。出会いのシーンはちょっとこそばゆい感じがしました。自分の体験と重なる部分もあり、少し悲しくなりましたが、読後はさわやかでした。心にずっしりと残るものではないけれど、時々ふと読み返したくなる、そんな本です。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2 件中 1 件~ 2 件を表示