サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

  1. hontoトップ
  2. レビュー
  3. やまさんさんのレビュー一覧

やまさんさんのレビュー一覧

投稿者:やまさん

1 件中 1 件~ 1 件を表示

紙の本【オコゼ】と地蔵崎

2007/05/10 16:05

紀州の漁師のお話

4人中、4人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

 紀州の漁師町が舞台。フィクションですが、想像に難しくない、本当に実在しそうな主人公(源三)。そんな源三の、老いと孤独を悲哀ではなく、一人の漁師の人生とそれを取り巻く人々によって、たんたんと綴っています。
 源三は、根っからの漁師。彼には幼い頃より、その技量の全てを注ぎ込んで育てた、自慢の息子(誠一)がいた。しかし、誠一は大東亜戦争に徴兵され、あっけなく逝ってしまう。誠一の変わりにと末息子の栄二に望みを繋ぎ、厳しく指導しするが、漁師になることを拒絶する栄二は村を飛び出してしまう。誠一の死の悲しみから抜け出せず、栄二や娘の美代子のことも案じながら、それでも夫と日常を送っている優しい妻の久。ある日、飛び出したまま行方しれずになっていた栄二が、ひょっこりと村に戻ってきた。かなりな借財をかかえて。途方にくれて久は嫁いだ娘の美代子に相談するが・・・。
 漁以外は知らない無骨な源三が、哀しみではなく、人間はいつか老い、そしていつの時も一人なのだということを想わせてくれます。海の匂いとセピア色の風景が見えてきそうな物語です。紀州漁師町の独特の方言も物語に色を添えています。よろしければぜひ御一読下さい。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

1 件中 1 件~ 1 件を表示