サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

  1. hontoトップ
  2. レビュー
  3. なだれさんのレビュー一覧

レビューアーランキング
先月(2017年4月)

なだれさんのレビュー一覧

投稿者:なだれ

1 件中 1 件~ 1 件を表示

青はきっと透き通った心

2人中、2人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

おもな登場人物は「先生」と「ヒナ」。

ある日ヒナは1万2千円のワンピースが欲しかった所に自給1000円のアルバイトを見つけます。

条件は「本を大切に扱える方」

普段マンガしか読まないヒナですがお金に目がくらんで(ぇ)どんな仕事かわからないままアルバイトに勢いで応募。

「本を大切に扱えますか?」という条件に「はい」と答え無事採用。

そこは先生(=本おたくの館長。エプロンは黒で埃まみれ。ねぐせ。めがね。変な柄シャツ着てる。シャツはズボンにinなどなど…)の私設図書館でした。

そこでヒナは漫画以外読まなかったのにまわりに少しずつ感化されて本を読んでいきます。

そして、1冊の本と出合います。

そして先生も…

-----------------------------------------------------------
これ以上書くともうネタバレになっちゃいますので書けませんが、とても純水無垢できれいな、不器用だけど優しくて、時々傷ついたりもするけどあったかい陽だまりのようなお話です。

そして、この話に出てくる先生やヒナの他の人たちもそうだと思います。
(コダマさんはさらに歪んでますが。。。)
さらに時々軽く乙女の妄想なども出てきますが(笑)

機会があれば是非とも読んでみていただきたいお話です。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

1 件中 1 件~ 1 件を表示