サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

  1. hontoトップ
  2. レビュー
  3. 歴史研究家さんのレビュー一覧

レビューアーランキング
先月(2017年6月)

歴史研究家さんのレビュー一覧

投稿者:歴史研究家

2 件中 1 件~ 2 件を表示

我が青春の友アドルフ・ヒトラー

2人中、2人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

独裁者ヒトラーに関しては、ナポレオンと同じく資料的に出尽くした感じがある。しかし、欧米では馴染みのあるこの「回想録」も不思議と日本では長く刊行されなかった。それだけに本書は異彩を放っている。やや値段が高いがマニアにとって必見だろう。この書のちょうど一年後に同じ著者によるコンピュータ訳が出たが言わずもがなである。断然、こちらが群を抜いている。私見だが、ラスカーズの「セントヘレナ日記」に匹敵すると思っているが他の読者はどうだろうか?

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

駐車場代で買える歴史書

4人中、4人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

オモチャ箱のような表紙と極めて安い値段につられて、私は思わずこの本を手に取ってしまった。二時間ほどで読了したが、この本の評価はとてもコンプリケート(複雑)なものである。まず、入門書のようで入門書でなく、専門書のようで専門書でもない。かといって、真実と言われれば真実だろうが、虚虚実実と言われれば虚虚実実のような気がしないでもない。個人的には、ムッソリーニが捕らわれた箇所が一番面白かったので、「真実のベニト・ムッソリーニ」としたら良かったのではないか、とふと思ったが、これは余りにも老獪な著者に対して失礼だろう。だが、この本には最後にどんでん返しがある。それは、私のような浅学菲才な読者でも、700円足らずで二時間余りも時間を潰せるなら、これはこれでこの本は面白いのではないかな、と思わされたことだ。「真実のベニト・ムッソリーニ」がたくさん売れることを期待してやまない。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2 件中 1 件~ 2 件を表示