サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

  1. hontoトップ
  2. レビュー
  3. momoさんのレビュー一覧

レビューアーランキング
先月(2017年9月)

投稿数順ランキング
先月(2017年9月)

  1. 1

    UP

  2. 2

    UP

  3. 3

    UP

  4. 4

    UP

  5. 5

    UP

    体が硬い人のための柔軟講座 (NHKテキスト 趣味どきっ!)

    体が硬い人のための柔軟講座 (NHKテキスト 趣味どきっ!)

    中野 ジェームズ修一 (講師),日本放送協会 (編集),NHK出版 (編集)

    5つ星のうち 4.0 レビュー詳細を見る

momoさんのレビュー一覧

投稿者:momo

3 件中 1 件~ 3 件を表示

ここって塾!?

2005/09/28 01:06

エピソードは子どもたちからの贈りもの

6人中、6人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

 本書に登場する塾は、単に学習だけの場ではない。現在、子どもたちが抱える全問題をトータルにフォローし、しかも学習力も獲得してゆく塾の話だ。そんなことは可能か? 可能なのである。子どもたちの声に耳を澄まし、子どもたちに寄り添う心があれば。「指導」という言葉はいらない。ただ、傍にいてこどもの話に共感する。そして個々の存在をまるごと受けとめ、肯定する。子どもは自分を認められて初めて「自分が在る」世界を肯定できる。スタートはそこからだ、ということが本書のエピソードやインタビューを読むと、ひしひしと伝わってくる。読みながら自然と感涙している自分にハッと気づく。一気に読ませるエピソードの数々。
 例えば、3歳で別れたお母さんに会いに行く中2の女の子。でも、父や祖父母、弟に内緒で。その心の重荷を塾の先生や塾生と共有する。なぜ共有が可能なのか? この塾はふだん勉強していても、話していても、何をしていてもいい。その子がいちばん切実なことを最優先している。そして教室の雰囲気は和気あいあいとしている。時には塾に泊まったりする。だから、どんなことも話せる。自分のペースで過ごせる場なのだ。
 また、こんなことも。これから30人ほどで決闘になる場へ行く男子高校生が塾に寄る。先生は殺気だった様子に気づき、話を聴く。そして諭すのではなく、自分の内ゲバ体験を話す。その子は、喧嘩できない先生のサンダルを履いて決闘場へ行き、決闘を止めさせる。ほかにも不登校の子の生き生き過ごす塾での様子など、子どもが難所をクリアしながら今を生きる姿が印象的に描写されている。
 子育てで悩んでいる親や教師、そして子どもたちも、こんな場があり、こんな生き方があるんだ、と感じられる本だと思う。著者があとがきで、本書は子どもたちからの贈りものへの返礼と書いているけれど、読者にとっても、胸が熱くなるような贈りものをもらったような読後感だ。一読をお勧めしたい。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本しあわせになろうよ

2005/10/11 01:29

だれでもしあわせになれる

5人中、5人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

 「心に超メガ級の穴があいた」時、あなたならどうしますか?そして、わたしなら?作者の平松愛理さんなら?
 ピンクと白のページに、やさしいキャラクターのイラストがいっぱいのこの本は、わたしたちがくじけそうになる心、後悔や悲しみの涙でいっぱいになった心に、そっと語りかけ、心のベクトルを恨みや哀しみから、違う方向に変えてくれる。そう、「しあわせ」の方へ。そんな珠玉の言葉に満ちている。「アンラッキーをラッキーに変えられるかどうか。それは自分の心で決めることができる。」人間て、本当は愚かかもしれない。争いが起きて後、争いの不毛なことに気づく。なら、なぜもっと以前に優しく相手を思いやる気持ちが持てなかったのか?
「他人を許すことは、自分の心を許してあげることなんだ。」
 反省や後悔の涙のあと、どう再出発するか。この本は再生する力と再生へ踏み出した優しい眸、信じる心が産み出した言葉の数々が「しあわせになろうよ」と自分と世界中に呼びかけている。
 いまここにある当たり前の日常がとても愛しく感じる。しあわせはその中にいっぱいある。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本世界に抱かれるために。

2005/10/04 00:12

未来は変えられる。

4人中、4人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

 世界とつながりたい。だけど、どうやってつながっていいかわからない。この現代社会は情報過多だ。なら、受け流せばいい。けれど、ふいに情報につかまってしまう。こんな経験は誰にもある。地震だったり、津波だったり、ハリケーンだったり、宇宙遊泳だったり。そんな時、いたたまれない気持ちになったり、怒ったり、悲しんだり、喜んだりしてしまう。この本は、そんなおさまりどころのない感情を、リアルタイムでつづった文章だ。だから、作者の生の肉声が伝わってくる。
 そんな話題の中、作者は出会う占い師、シャーマン、霊能力者全員から、申し合わせたように、「このままだと大病して死ぬ」と言われた。
「あなたの魂が弱っていて、日々の選択が大病する方に少しずつズレている」と、指摘される。あー、そんなことってあるかも、と思わず肯いてしまう。で、作者はどうしたか?「未来は変えられる」の助言に従って、休みをとる。およそ三ヶ月。そして、みごとに復活する。「運命って変えられるんだ」と実感するにいたった。この感覚こそが「世界に抱かれる」感覚だろう。ホント、人生って不思議です。「生きているだけでけっこう気持ちイイ」そんな感覚をつかんだ作者に乾杯!

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

3 件中 1 件~ 3 件を表示