サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

  1. hontoトップ
  2. レビュー
  3. ぷらなりあさんのレビュー一覧

レビューアーランキング
先月(2017年3月)

投稿数順ランキング
先月(2017年3月)

  1. 1

    UP

  2. 2

    UP

  3. 3

    UP

    3月のライオン(1)

    3月のライオン(1)

    羽海野 チカ(著),先崎 学 (将棋監修)

    5つ星のうち 4.5 レビュー詳細を見る

  4. 4

    UP

  5. 5

    UP

    はらぺこあおむし 改訂

    はらぺこあおむし 改訂

    エリック=カール (さく),もり ひさし (やく)

    5つ星のうち 4.5 レビュー詳細を見る

ぷらなりあさんのレビュー一覧

投稿者:ぷらなりあ

1 件中 1 件~ 1 件を表示

紙の本地下鉄に乗って

2005/10/02 14:47

20世紀の東京(の地下鉄沿線)を舞台に描かれる、大人向けのおとぎ話

4人中、4人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

親兄弟との複雑な事情を抱える主人公の中年サラリーマンが、20世紀末の東京から過去の時代へとタイムスリップしていく中で様々なことを知り、また体験していく。
物語の中における現実は現在・過去を問わず過酷で、やりきれないものとして描かれている。そんな中で、貧しくも気高く、たくましく、そして愛する者への限りない愛情を持って生きる人々の姿が叙情的に綴られており、感動と爽やかな読後感を読み手にもたらしてくれる。
主人公の時間旅行とともに戦前、戦中、戦後の東京の街並みが活き活きと描写され、その中でも地下鉄とその駅周辺の風景が一際鮮やかに、象徴的に表現されている。登場人物の心象と巧みに繋ぎ合わせて語られるので、東京で地下鉄に乗っている人にとって、さらに昔の東京を知っている人にとっては非常に印象的なものであろうと思う。一方で私のように知らない人間にとっては正直まどろっこしく感じられた面もあるが、それでも地下鉄に乗った経験はあったので充分楽しめた。
尚、あくまでおとぎ話なので、タイムスリップは物語を進行させるための小道具と完全に割り切られている。
また不満を感じた点としては、主人公がストーリーテラーに徹し過ぎていて、どんな考え方の人物なのか、周囲で起こる様々な出来事に対し何を思い、どのように心情が移り変わっていったのかが分からず話に入り込み難いことが読み終えるまでに何度かあった。単に私の読み込み不足なのかもしれないが。
人間の情愛の尊さ、力強さを高らかに謳い上げた物語。ややもすると鼻白むようなテーマなのだが、盛り上げ方の巧さと、そして何より著者の人間に対する絶対的な信頼により素直に感動できる作品となっているように思う。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

1 件中 1 件~ 1 件を表示