サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

  1. hontoトップ
  2. レビュー
  3. くえすとさんのレビュー一覧

レビューアーランキング
先月(2017年9月)

投稿数順ランキング
先月(2017年9月)

  1. 1

    UP

  2. 2

    UP

  3. 3

    UP

  4. 4

    UP

  5. 5

    UP

    体が硬い人のための柔軟講座 (NHKテキスト 趣味どきっ!)

    体が硬い人のための柔軟講座 (NHKテキスト 趣味どきっ!)

    中野 ジェームズ修一 (講師),日本放送協会 (編集),NHK出版 (編集)

    5つ星のうち 4.0 レビュー詳細を見る

くえすとさんのレビュー一覧

投稿者:くえすと

3 件中 1 件~ 3 件を表示

まさに最善の教育論だ!

7人中、7人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

受験マンガとして有名な本であるが、このマンガには、大学受験のノウハウだけでなく、幼児の子育ての仕方や、現在の教師や学校現場の実情、学校経営の実情、といった教育論を語るには申し分ない内容だ。
そしてこのなかで一番おすすめな、幼児の子育ての仕方だ。論理的な思考能力と、後々学校教育で必要な基礎的な学力を幼児の段階で身に付けさせることが可能だ! 論理的な子どもは一見、頭が硬そうで無愛想で暗い人格となりそうだが、そうではない。論理的な子どもこそが、自分自身がどうするべきか考え、余裕が生れ、その余裕が優しさ、明るさ、良好な人間関係を生むのだ。
文部科学省にはぜひ、参考にしていただきたいと思う本だ。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本対岸の彼女

2005/10/13 08:42

女同士の友情

3人中、3人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

女同士の友情というのは、立場が違うだけですぐに壊れてしまうものだ。読んだ人はまずそう思うだろう。学生時代では、すぐに少しでも考えが違ったり、性格が違ったら仲間はずれになるし、大人になっても、富の差や子どもの教育方針などが違うだけで、すぐにお別れ。現に、女の友情なんてこんなに薄っぺらいものなのだ。
主人公は二人というべきか。小夜子と葵。それぞれの視点で交互に物語が進行するちょっと変わった構成だ。二人の子供時代と今の二人。ふたりは対照的な性格だけれども共通の悩みがある。それを埋めるかのように二人は出会い、そして・・・。立場も性格も違う女同士が仲良くなるのは難しくないだろうか?だけれども、二人は違った・・・。それがどう違うのかが、この物語の最大の面白さだ!

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

人生はパンクだ!!

3人中、3人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

まさに人間ドラマだと思った。深くて、どうしても自分の辛さと比べっこしてしまう。
恋愛と音楽といった、きってもきれない関係(恋愛の歌詞が多いでしょ?)を通して展開される切ないストーリーは、今の子はドップリハマッてしまうのではないだろうか?このマンガではパンクバンドが中心だが、今の世の中はどうもパンクは不評か?いや徐々にきていると思う。NANA旋風の影響もあるだろうし、flowやアジカンといったパンクが人気なのも、若い子たちが、パンクのリズムにのせられてくる恋愛の歌詞に心を奪われていくことに、気が付き始めていると思う。しかもNANAのおかげでライブハウスにはバンドや客が詰め寄せてくだろうし、パンクブームがすぐにやってくるだろう。
パンクには人の心にストレートでメッセージを伝えてくる!そんなまっすぐさが、魅力だろう。NANAにもそんなふうに、人間の切なさがまっすぐにくる。NANAというマンガ自身がパンクなんだろう!

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

3 件中 1 件~ 3 件を表示