サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

  1. hontoトップ
  2. レビュー
  3. クンタキンヤさんのレビュー一覧

レビューアーランキング
先月(2017年1月)

クンタキンヤさんのレビュー一覧

投稿者:クンタキンヤ

3 件中 1 件~ 3 件を表示

紙の本レヴォリューションNo.3

2005/10/29 02:55

男らしく泣ける青春小説

3人中、3人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

青春小説の金字塔。まず読んでみてくれ。ちょっと、古めかしくもあり、時代設定のあいまいさが、古典たる所以だ。
泣ける。ちょっと不適切な表現かもしれないが、男らしく泣ける。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本ほぼ日刊イトイ新聞の本

2005/11/06 18:14

「子どもの偽ウォークマン」必読!

5人中、5人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

 著者が有名なコピーライターだったことを知る人の方が少なくなってきているかもしれない。その糸井さんが、インターネットとどう出合い、発展させてきたかを書いたのが、この本だ。
 広告に携わる人間として、ものを売ることを飯の種にしてきた著者が「買えばすむ」という考え方に疑問を抱くようになったきっかけのひとつ「子どもの偽ウォークマン」を読むだけでも十分価値がある。私など何度読んでもここで胸がつまってしまう。
 そして彼が、自分と仕事の関係を選び直しながら、仲間と共に夢中で全力で、突っ走ってきた6年間の記録が綴られる。
 いまネットでは、従来のホームページに替わり、個人的色合いがさらに濃いブログが主流だが、『ほぼ日』が心がける「それを受けとった人のことを想像」する表現とは、コミュニケーションにおいてもビジネスでも、基本であることに変わりはないのだ。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

アマチュア・アカデミー

4人中、4人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

素人然とした撮影が、ある意味貴重な写真集。
姉が、妹のどこに商品価値を見ているかがわかるところが面白い。
期待はしていなかったが、不思議と何度もページをめくってしまう。
ギリギリの露出が、掻痒感と言うか、
もっと見たいという気持を刺激するのかもしれない。
こういうエロが成立するところが
叶姉妹のすごさです。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

3 件中 1 件~ 3 件を表示