サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

  1. hontoトップ
  2. レビュー
  3. Kunnyさんのレビュー一覧

レビューアーランキング
先月(2017年9月)

投稿数順ランキング
先月(2017年9月)

  1. 1

    UP

  2. 2

    UP

  3. 3

    UP

  4. 4

    UP

  5. 5

    UP

    体が硬い人のための柔軟講座 (NHKテキスト 趣味どきっ!)

    体が硬い人のための柔軟講座 (NHKテキスト 趣味どきっ!)

    中野 ジェームズ修一 (講師),日本放送協会 (編集),NHK出版 (編集)

    5つ星のうち 4.0 レビュー詳細を見る

Kunnyさんのレビュー一覧

投稿者:Kunny

1 件中 1 件~ 1 件を表示

物語とエロがセカイ系の隠れ蓑を纏って拮抗している傑作

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

読み物としての物語と抜き目的エロがセカイ系の隠れ蓑を纏って拮抗している傑作だと思う。
全体として主人公=読者がマゾとサドを往還する構成となっているが、立場逆転のきっかけが物語の伏線と絡み合っていて、無理なく両方が楽しめる。
そもそも、Mという属性は官能小説では敬遠されがちだが、味わってみればこれがまた「痴人の愛」を読んだとき以来の興奮。ああ、実は自分はMのケがあったのかと驚きのうちに気づかされた気分だ。
そして、逆転。
高慢ちきなお嬢様を落とすのは、やはり奴隷である主人公(=読者)だ!落差のある社会的立場!高嶺の華を落とすときの興奮は何よりも代え難い。
エピローグでは、更に逆転が用意されており、読み終わってみれば非日常を味わった挙げ句、性的欲求も満足させられ非常に「お得な」一冊だと言えよう。
最近のライトノベルにありがちなルビに違和感を覚える人もいるようだが、それが文章に奇妙な勢いを与えている。美少女文庫の枠にはまらずこのまま突っ走って行ってもらえたらと思う。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

1 件中 1 件~ 1 件を表示