サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

  1. hontoトップ
  2. レビュー
  3. 208さんのレビュー一覧

レビューアーランキング
先月(2017年9月)

投稿数順ランキング
先月(2017年9月)

  1. 1

    UP

  2. 2

    UP

  3. 3

    UP

  4. 4

    UP

  5. 5

    UP

    体が硬い人のための柔軟講座 (NHKテキスト 趣味どきっ!)

    体が硬い人のための柔軟講座 (NHKテキスト 趣味どきっ!)

    中野 ジェームズ修一 (講師),日本放送協会 (編集),NHK出版 (編集)

    5つ星のうち 4.0 レビュー詳細を見る

208さんのレビュー一覧

投稿者:208

1 件中 1 件~ 1 件を表示

紙の本ふしぎな図書館

2006/02/10 22:31

どれくらい改稿?

3人中、3人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

本の紹介の欄や他の書評にもある通り、「図書館奇譚」の改稿。
どれくらい改稿かというと、内容はそのまま、初稿のシンプル版といった感じ。初稿と比べて、文章が簡潔で、絵本的な雰囲気。
ストーリーとは裏腹に、手に取るだけで少し幸せな気分になれるような装丁の本。
村上春樹×佐々木マキのコラボが好きな人で、本のサイズや重み、表紙の手触りなどをひっくるめてひとつの作品として感じられる人なら、手元に置いておきたくなるはず。
話の内容に重きをおく人で、図書館奇譚を読んだことがないという人は、「カンガルー日和」に収められている「図書館奇譚」を読むほうが満足できるんじゃないかと思う。
両方手元において、「図書館奇譚」と読み比べるのも面白い。「ふしぎな図書館」では省かれている部分も結構あるので。
個人的な好みで言うと、文章・絵ともに「図書館奇譚」のほうに軍配が。「ふしぎな図書館」の文体はどことなく最近の村上春樹の作品に近い印象を受けるので(まぁ、最近改稿されたのだから当然といえば当然だが。)比較的初期の村上春樹作品が好きな人は同じ感想を抱かれるかもしれない。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

1 件中 1 件~ 1 件を表示