サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

  1. hontoトップ
  2. レビュー
  3. はるさんのレビュー一覧

レビューアーランキング
先月(2017年4月)

はるさんのレビュー一覧

投稿者:はる

1 件中 1 件~ 1 件を表示

恋するKABUKI

3人中、3人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

歌舞伎の演目を、現代でも通用する恋バナシとして紹介した視点がユニーク。恋愛を語る各演目の登場人物の口調が今っぽくアレンジされているので、とても入り込みやすい。ファッショチェックの絵も面白く結構笑えるので、歌舞伎にあまりなじみのない人にもまずは「つかみはOK」というところ。
しかし、これだけカジュアルな様式ながら、内容はかなり深い。演目や役の捉え方がとても的確で、歌舞伎を観る上で重要な「性根・しょうね」も良く理解できるようにできている。
各演目の恋バナシの語り部を、主人公(つまり本人)やら、まわりの人やら色々に変えているのも工夫がみられる。主人公以外の立場から語られている部分も面白く、それがこの本の味わいを深めている。歌舞伎もまた、主役だけでは成り立たない演劇なのだから。
初心者にも、一読してポイントがわかるようになっている点も親切といえるだろう。どちらかといえば、最近歌舞伎を観だしたような若い人向けかもしれない。
イラストつきの歌舞伎エッセイという、今までありそうで無かったジャンルの本であろう。個人的には着物の説明もこれまで知らなかったことが多く、興味ぶかかった。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

1 件中 1 件~ 1 件を表示