サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

  1. hontoトップ
  2. レビュー
  3. わた雲さんさんのレビュー一覧

レビューアーランキング
先月(2017年8月)

わた雲さんさんのレビュー一覧

投稿者:わた雲さん

1 件中 1 件~ 1 件を表示

重く深い、思いが描かれた本です

2人中、2人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

 HIVがテーマということで難しく病気に関することばかり書かれていると思いましたが、詩やエッセイなども満遍なくちりばめつつ、重要なテーマに触れており一気に読み終えました。とても読みやすかったと思います。
 家族の愛情や背負ってきた重荷、悲しみ・・・どう表現してよいか分かりませんが、とても重く、でもなにかを大切なことを気付かせてもくれるようでもありました。 特に「親父が泣いた日」という詩は、HVI感染を宣告された著者が帰宅したその後の家族の風景がリアルに描かれており、読み終えて胸が締め付けられるようでした。本書に書かれている数々の詩はとても読みやすく、時にユーモアをきかせた笑いも織り込み、また読む者の心根を計り知れない悲しみが貫くようなものもあります。言葉を飾ることなくありのまま描写されていてとてもリアリティにあふれていました。
 病気に関する知識は知らない事で心を傷つけるだけではなく、迷惑をかけることにもなります。この病気に関しては実際に命にも関わる危険性もあるのです。
 この作者の方の様々な想いが、悲しい中にも時にユーモアたっぷりに、そして優しく温かく、儚く描かれたこの本は様々な意味でお勧めの本です。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

1 件中 1 件~ 1 件を表示