サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

  1. hontoトップ
  2. レビュー
  3. Y_Akioさんのレビュー一覧

レビューアーランキング
先月(2017年9月)

投稿数順ランキング
先月(2017年9月)

  1. 1

    UP

  2. 2

    UP

  3. 3

    UP

  4. 4

    UP

  5. 5

    UP

    体が硬い人のための柔軟講座 (NHKテキスト 趣味どきっ!)

    体が硬い人のための柔軟講座 (NHKテキスト 趣味どきっ!)

    中野 ジェームズ修一 (講師),日本放送協会 (編集),NHK出版 (編集)

    5つ星のうち 4.0 レビュー詳細を見る

Y_Akioさんのレビュー一覧

投稿者:Y_Akio

5 件中 1 件~ 5 件を表示

紙の本死体は語る

2009/02/08 18:48

死者への尊敬と愛情

7人中、7人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

不自然死の死体を検案,行政解剖することを職務とする監察医の著書である。
一見病死や事故死に見えても,死体をよく調べてその声に耳を傾ければ,死体は色々なことを専門家の観察者に語ってくれる。「私は事故で死んだのではありません。青酸カリで殺されたんです。」といった具合に。
大変面白い。やはり「事実は小説より奇なり」だ。推理小説のファンにとっても面白いだろうし,また刑事訴訟,民事訴訟に関心のある人にとっても面白い。
1989年の著作であるので,内容が古くなっている点があるのはしかたがない。たとえば,父子関係の確定に,今は血液型鑑定でなくDNA鑑定が使われている。また,過労などが原因となって脳出血や心筋梗塞などで急病死したような場合,従来,労働基準監督署は,業務内容と発症の因果関係が不明確との理由で労働災害の認定をしなかった。しかし,監察医らのアピールの積み重ねや裁判所の判決の積み重ねにより,行政もついに労災の認定基準を緩和したのであった。
本書に一貫して流れているのは,著者の死者に対する尊敬と愛情の念である。死因を明らかにすることによって,死者の人権を守っているのである。
それにしても,このように重要な役割を果たしている監察医の制度が,財政の関係で,東京,横浜,名古屋,大阪,神戸の5大都市にしかないというのには,あきれ果てる。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

基本死活辞典

2006/04/14 14:06

死活の派生形を網羅

5人中、5人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

 隅や辺でよく出来る基本形について,黒番だとどうなるか,白番だとどうなるか,ハネがあるとどうなるか,サガリがあるとどうなるか,ダメが詰まるとどうなるか,あくとどうなるか,と,その派生形を網羅的に研究・解説した本。
 死活事典の類は多いが,こういう本はほかにないのではなかろうか。我々アマチュアにとって非常に役に立つ。必携書と言ってよい。多くの派生形を扱っている関係で,取り上げている基本形の種類が類書に比べ少ないのはやむを得ない。
http://www.h-eba.com/heba/JITEN/jiten0-1.html

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

詰碁嫌いにお薦め

4人中、4人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

 普通,詰碁の本というと,読みを鍛えるために我慢して読むもの,という印象をもっていたが,本書は違った。面白い。昨年末に買って,正月休みの間,テレビも音楽も外出も遠ざけてずっと読みふけってしまったのだ。なぜそんなに惹きつけられたか。それは,鮮やかに技が決まる面白い問題がずらりと並んでいるからである。しかもそれほど難しくない。鮮やかに決まる問題というのは記憶に残りやすいから,後々の実戦のときにも役に立つだろう。詰碁嫌いの人々に広く薦めたい。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

聴くことで平家物語に触れる

6人中、6人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

 平家物語の名場面とその要訳,それに著者鈴木まどかさんのコメント,エッセイが載る。また,各名場面のさわりの部分の語りと平家琵琶をCDで聴くことができる。聴くことにより,平家物語の幽玄な雰囲気の一端に触れることができる。平家物語は語りと琵琶で聴くのが本来的な鑑賞方法だと思うので,この本は平家物語の入門としてお薦めできる。
 著者による語りは,綺麗な女声で聴きやすい。その反面,迫力のようなものはあまりないが,著者は,「語るとき感情を露にするのは無粋である。」と言っている。女声でもあるので低音が十分出ないのはしかたがないか。また,昔の日本語と今の日本語の発音の違いも分かって,興味深かった。
 CDの録音はどうもモノーラルに聞こえる。なぜステレオ録音にしなかったのか,残念だ。ステレオ録音なら,演奏の場の雰囲気をより生々しく感じ取ることができたかもしれないからだ。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

父系制道徳観の由来を知る

4人中、4人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

 平家物語に登場する女たちは,皆,美人で,けなげで,男に尽くす優等生の女ばかりだ。だが,本当にそうだったのだろうか? 彼女たちの素顔はどうだったのだろうか? 彼女らの本音は何だったのだろうか? その答えを求めて,著者は,文献を調べ,推理を働かせ,従来の解釈を見直す。それが縦横に語られている。読んで楽しい。
 法制史に興味がある私としては,父系社会的な道徳観の由来を説く所が大変面白く,また,ためになった。母子関係というのは誰の目にも明らかだから,古代社会においては自然と母系社会(母から娘へと財産が相続される社会)になる。そこでは,女の多情は一族を増やすものとして許され,むしろ奨励される。それを父系制社会に変えようとすると,父子関係の証明というのは困難だから,女に貞節というモラルが課せられることになる。かくして,中世の武家社会においては,女に貞節を求める父系社会的な道徳観が支配的になるというわけだ。
 女に貞節を求める道徳観が中世の父系社会に由来するということは,言われてみればきわめてもっともな話で,間違いない。でも,私は今までなぜか気がつかなかったのである。ひとつまた利口になった。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

5 件中 1 件~ 5 件を表示