サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

  1. hontoトップ
  2. レビュー
  3. 仙人掌きのこさんのレビュー一覧

レビューアーランキング
先月(2017年9月)

投稿数順ランキング
先月(2017年9月)

  1. 1

    UP

  2. 2

    UP

  3. 3

    UP

  4. 4

    UP

  5. 5

    UP

    体が硬い人のための柔軟講座 (NHKテキスト 趣味どきっ!)

    体が硬い人のための柔軟講座 (NHKテキスト 趣味どきっ!)

    中野 ジェームズ修一 (講師),日本放送協会 (編集),NHK出版 (編集)

    5つ星のうち 4.0 レビュー詳細を見る

仙人掌きのこさんのレビュー一覧

投稿者:仙人掌きのこ

27 件中 1 件~ 15 件を表示

紙の本100KBを追いかけろ

2008/07/27 01:03

黒史郎を追いかけろ

12人中、11人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

 第1回『幽』怪談文学賞・長編部門大賞受賞者、黒史郎の四冊目の単行本である。
 受賞作『夜は一緒に散歩しよ』は妻の死をきっかけに綻びをみせる日常を描いたサイコホラー、次の『獣王』は他に類をみない奇妙な愛の物語、そして3作目の『黒水村』は脱出型アドベンチャーゲームを思わせるライトノベル。そして本作では、作者がもっとも興味を持つもののひとつとしてあげている「都市伝説」と、工業地区で育った若者たちの「傷だらけの青春」の組み合わせにチャレンジしている。

 物語の舞台は、横浜の鶴見だ。その描写は徹底してリアルで、登場する地名や店名はほとんどが実在のものだ。土地勘のある人ならば、「ああ、あそこのコンビニ」と見当がつくだろう。その空気のざらつきすら感じるような生々しい日常の中に突如として現れるのが、100KBというきわめて非日常的なキャラクターなのである。
 ――100KB、100キロババア――有名な都市伝説のひとつで、走行中の車を高速で走って追いかけるという老婆である。100キロでも逃げきれず、追い抜かれた車は事故をおこすともいう。主人公たちは様々な理由からその老婆を追いかける事になる。しかし、「都市伝説」のウワサを追うというのならまだしも、老婆本人を追うと言うのだから、かなり荒唐無稽な話だ。街の描写がリアルなぶん、その非現実的な存在が浮いているように感じるが、読み進むにつれてその違和感は徐々に消えていく。そこには筆者特有の語り口のうまさがある。
 黒史郎の使う修辞は独特だ。たとえば冒頭の事件の「ショートケーキ」。そして最初の事故の「卵」。いずれも日常にありふれた食品を用いたたとえで、パッとイメージが頭に浮かぶ。しかし、そこで起きているのは、とても日常的とはいえない惨劇である。一瞬ユーモアすら感じてしまうイメージと現実の情景のズレ、そのふたつが結びついた時、忘れ難いインパクトが読者を襲う。その中で現実と非現実の境界線は曖昧になって、「都市伝説」は生き生きとしたリアリティを獲得する。気がつくと読者は、違和感なく100KBを追いかけているのだ。

 本書は350頁ちかい長編である。しかし、その疾走感はただ事ではない。まさに100KBのごとく、物語が進行していく。うっかりすると読者の「謎解き」を追い越すほどのスピードで。
 今までの黒史郎の作品のなかでも、バランスの良さは一番だ。三人の若者を中心にした魅力あるキャラクター達、演劇やネット世界にも及ぶ多様なエピソード群、それらがジグソーパズルのピースのように、次々と噛み合わさっていく。ぜひ、まるごと一冊を一気に読みきる快感を体験してほしい。物語を駆け抜けたあと、あなたはランナーズハイのような至福を味わうだろう。

 黒史郎は、今作でまたひとつギアをあげたようだ。しかし、まだ間に合う。その背中を見失わないようについていけば、おそらく今まで経験した事のない、優しさと狂気が混在した世界へ連れていってくれるに違いない。
 さあ――黒史郎を追いかけろ!

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本八本脚の蝶

2007/04/26 05:39

過剰なる蝶

11人中、11人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

かけがえのない人の永遠の不在は、悲しみではなく巨大なストレスである。
二階堂奥歯「八本脚の蝶」…最初この本を書店で手にした時、私はそっと棚に戻した。プロフィールに「自らの意志でこの世を去る」とあったからだ。数年前、私は続けざまに近しい存在を失った。10年以上ともに暮らした愛犬、文学・絵画観に多大な影響を受けた恩師、そして「右腕」ではなく「半身」として仕事を支えてくれた私よりずっと若い友人。これ以上のストレスに耐える自信がなかったからである。
その後、奇縁あって再びその本は私の前に現れた。これは避けては通れない本なのだ、と覚悟を決めてページをめくり…いきなり冒頭で釘付けになった。紹介されているのはミロ・マナラと朝山蜻一。私が10代最後の頃に知り、今でも愛しているエロティックでリリカルな作家たちだ。メジャーではない、だからこそ「かけがえのない」存在である。なにか共犯者めいた笑みを見せられたような気がした。もちろん、その後の彼女の世界は私の貧弱な読書経験など軽々と飛び越えて、深く広く鋭くひろがっていく。私は最初のページで受けた衝撃を引きずったまま彼女の内宇宙へと潜っていった。
私はネット上での彼女を知らない。今回の読書が初めてだ。ブログと書物では決定的な違いがある。「本」は視覚や触覚によって「残り」がわかってしまうのだ。センチメンタリズムは排除するべきだと頭で理解していても、徐々に息苦しくなっていく。酸素が足りないのではなく、過剰だから感じる息苦しさ。過剰な書物、過剰な思考、過剰な探求、過剰な祈り……。息を吸い続け肺が膨らみきって限界…というところで最後のページに辿り着き、私はおおきく息を吐く。
その時、私はストレスを感じただろうか。いや。私が感じたのは聡明でオシャベリ好きな少女(なぜか成人女性という気がしない)と楽しい時間を過ごしたという想いだった。冒頭の私と同じ理由でこの本を手に取るのを躊躇する人がいるかもしれないが、ぜひ読んでみて欲しい。彼女の残した「ものがたり」は透明で繊細で硬質な光をたたえたオブジェにも似て、じっくりと鑑賞するに足るものだと思うのだ。
ありがとう、二階堂奥歯さん。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本定本久生十蘭全集 1

2009/01/26 05:53

幸福なバーチャルツアーへのチケット

9人中、9人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

「久生十蘭」と聞いて、身構えてしまう人は多いのではないだろうか。私もその一人だ。
 私の世代にとって十蘭といえば、三一書房版の全集であり、澁澤龍彦や中井英夫など一流の好事家たちが愛した稀代の作家というイメージが強い。したがって、その書評なんておこがましいとは思うが、三一書房版あるいはその他の書籍では味わえない「特別な魅力」をお伝えしたく、恥をしのんで書かせていただく。

「特別な魅力」とは何か。それはパンフレットに明記されているし、月報で中野美代子氏も指摘している。
『小説は編年体の編集を採用。作品の発表順に収録し、久生十蘭の軌跡がたどれるように構成』されている事だ。
 なんだ、それだけの事か……と思われるかもしれない。だが、実際に順を追って読んでみるとこれが想像以上に面白いのだ。
 十蘭のデビュー作は「ノンシヤラン道中記」、ギャンブル好きの片鱗がうかがえるのは「黒皮の手帳」、彼が異常にこだわって改稿を重ねた短編は「湖畔」、長編の代表作のひとつが「魔都」。こうした断片的な知識は持ち合わせていても、これらの作品が一九三四~八年というわずか四年の間に書かれた事を意識してひとつながりに読んでみると、まるで違った景色がみえてくる。
 短編と長編が溶け合い作り出すより大きな流れは、すなわち十蘭の作家人生の歩みそのものであり、それをなぞる事は、いわば十蘭の脳内バーチャルツアーとも言うべき贅沢極まる愉しみなのだ! もしかしたら、その道程には「小説の魔術師」「多面体作家」と呼ばれたこの作家の謎を解く鍵が落ちているかもしれない……。

 更に、最近併せて読んだ久生十蘭『魔都』『十字街』解読によって、もうひとつの視点を教えてもらった。(この本は「ノンポリで芸術至上主義者」という十蘭の仮面の下のもうひとつの顔を暴こうという、スリリングな刺激に満ちた意欲作だ。一読をおすすめする)
 海野氏は、十蘭のデビューから「魔都」までの(つまり本書に収められた)作品群が書かれたのが、「日本が戦争に向かい表現の自由が奪われていく不自由な時代」だった事を指摘する。当然といえば当然だが、十蘭もまたそういう時代を生きたひとりの人間なのだ。圧倒的な衒学と徹底した韜晦によって時代を超越した作家、という見方に支配されていたので、まさに目から鱗が落ちる思いだった。
 編年体による編集は、十蘭の創作の軌跡を鮮やかに甦らせるだけではなく、十蘭の作品によってその時代を振り返る事も可能にするのだ。読む側の心構えひとつで、まだまだ様々な愉しみ方がみつかるような気がする。

 最初に「十蘭と聞くと身構えてしまう」と書いた。しかし、これは十蘭作品の敷居が高いという意味ではない。たしかに十蘭の文章は職人的なこだわりによって磨きぬかれている。どこから仕入れてきたのかと思うような専門知識が散りばめられている。イコール偏屈で難解、なのではない。基本は極上のエンターティメントであり、すべては読者の愉しみのために捧げられている。
 十蘭の作品のなかで「娯楽性」と「芸術性」は対立しない。なぜなら、それぞれに対するのは「下品」と「劣悪」だからだ。十蘭の作品は、芸術的で娯楽に満ちている。ならば読む事をためらう理由は何もない。

 かつて「えらばれた少数の幸福な読者のためにある作家」などと呼ばれた十蘭。実は「この作家を知った少数の読者だけが幸福」だったのではないだろうか。ひとりでも多くの方が、この幸福なバーチャルツアーへのチケットを手にされる事を願っている。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

「ヒカ碁」の面白さはスパイラル!

7人中、7人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

 初めにお断りしておくが、私は碁が打てない。それでも、「ヒカルの碁」(以下ヒカ碁)は、何度も繰り返し読む愛読書である。その面白さはどこにあるのか、私なりの楽しみ方をご紹介したい。

 唐突ではあるが、まずは頭の中になるべく大きな円錐(すい)を思い浮かべていただきたい。そして、その頂点から底辺にむけて、螺旋(らせん)状に溝を掘っていく。するとドリルのような立体ができるはずだ。これが私のイメージする「ヒカ碁」の世界である。
 頂点はもちろん、「神の一手」。螺旋状の溝は、そこに至るまでの道のりだ。「ヒカ碁」に登場する人物は、例外なくこの道のどこかに存在する。ヒカルやそのライバル塔矢アキラはもちろんのこと、囲碁界の頂点に君臨する塔矢名人、1000年の時を越えた存在である藤原佐為さえも。
 「ヒカ碁」の面白さを支えるもののひとつが、この円錐(すい)形の世界観のゆるぎなさだ。物語の前半部でいえば、日本棋院のシステムをリアルに描いていること。これが、ともすれば「なんでもあり」になりがちな少年漫画的加速のブレーキの役割を果たして、リアルな勝負の面白さをうんでいる。

 さて、この螺旋(らせん)状の道には、ところどころにポイントがある。「関所」のようなイメージを描いていただくと良いかもしれない。それらは、「院生試験」であり、「若獅子戦」であり、「プロ試験」であり、「新初段シリーズ」であり、「大手合」であり、「タイトル戦」である。「神の一手」に近づくためには、それらのポイントをひとつずつクリアしていかねばならない。物語は当然、主人公ヒカルの視点で描かれる。通常なら順番にクリアしていくその道筋が、佐為の存在によって混乱させられるのが「ヒカ碁」の読みどころだが、かといって一足飛びに飛び越えるわけではない。混乱しつつも、ヒカルは自分の力でこのポイントをクリアしていく。塔矢アキラが歩いた道をなぞるように。

 しかし、この道を歩くのはヒカルとアキラだけではない。ヒカルと同期の院生たちも、そのうえのプロ棋士たちも、そして物語後半ではヒカルの後輩たちも、それぞれのスピードでこの道を登っていく。そこで私の「ヒカ碁」の楽しみ方だが、ひとつのポイントに限定して、各キャラの違いを楽しむのである。つまり、「プロ試験」であれば、ヒカルの前にクリアしたアキラはどうだったのか、真柴はどうだったのか、ヒカルの後に受けた伊角や門脇はどうだったのか。ヒカル・和谷・伊角がしのぎを削ったプロ試験を読んだ後に、アキラのそれを読み返すと、なぜ和谷がアキラのズル休みに対して怒ったのかがよく理解できる。さらに「新初段シリーズ」に注目すると、伊角と真柴がそれぞれ桑原本因坊と対戦している。その対応の差によって、直接対戦が描かれないにもかかわらず、伊角ファンは溜飲を下げる事ができる。

 もちろん、すべてのキャラ、すべての対戦が描かれている訳ではない。しかし、行間を読むヒントが多いのも「ヒカ碁」の魅力のひとつだ。たとえば、私のお気に入りのキャラである倉田六段の初登場はヒカルがプロになった直後だが、それ以前からアキラと塔矢名人の強さをつなぐミッシングリンクとして何度も会話のなかに登場している。それぞれのポイントを細かく拾い上げていけば、倉田の辿った道筋が浮かび上がってくるかもしれない。

 このように「ヒカ碁」は、ゆるぎない世界像と、そのなかでのリアルな戦いの道程によって何度でも……、いや、むしろ再読にこそ面白みがある。すこしサイズが大きく印刷の美しい愛蔵版が出たのを機に、また読み直してみるつもりだ。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本隠居の日向ぼっこ

2008/06/19 07:01

800字の小宇宙

7人中、7人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

 今年もビーケーワン主催の「ビーケーワン怪談大賞」が開催されている。800字以内の怪談を創作・実話を問わず募集し、全投稿作をブログ形式で発表するというユニークな試みは、すっかり夏の風物詩として定着したようだ。私も駄文を書き連ねたり、磨き上げられた玉のような作品を拝読したりと楽しませて頂いている。この催しに参加して痛感した事は、800字、わずか原稿用紙二枚分の文章が、実に豊潤な可能性を秘めているという事である。

 さて、前置きが長くなったが、この杉浦日向子「隠居の日向ぼっこ」も800字以内で書かれたエッセイだ。江戸から昭和にかけて活躍した道具をテーマに、博識とユーモアを織り込み驚くべき小宇宙をつくりあげている。さながら、庶民生活の歴史のミニアチュールを覗いているようで、とても原稿用紙二枚分とは思えない内容の濃さである。その懐の深さは、さまざまな楽しみ方を提供してくれる。
 なぜ「踏み台」は市販されていなかったのか、なぜ不正乗車の事を「きせる」と呼ぶのか、そんなトリビアを拾い集めてもいいし、「はいちょう」や「おひつ」などの絶滅危惧種の話を読んで昔話にふけるのもいい。いまでも現役の「すごろく」や「櫛」の、江戸時代と現代の違いに驚くのも楽しい。また、「鏡」における『わたしたちは鏡の国に住んでいる』『虚像と現実がごちゃまぜで、他人はもとより、自分とも向き合っていない』という鋭い指摘は、たいへん考えさせられるものであった。

 魅力をあげだすとキリがないが、ただひとつ寂しいのは、作者がすでに夭逝されている事だ。もともと漫画家として優れた作品を発表されていたが、突然「隠居宣言」をしてコメンテーター・文筆家に転身した。そのとき既に闘病生活をはじめられていたという。そんな事を微塵も感じさせなかった明るさと、前向きなユーモアはこの本でも健在だが、随所に「一度きりの人生を真剣に生きよう」という覚悟が語られていて、胸にせまる。
 文中で「若い人に“蚊帳の海で泳ぐ”という表現が通じなかった」というエピソードが、苦笑まじりに紹介されている。「蚊帳」だけではない。「頭巾」「ひごのかみ」「ねんねこ」……忘れ去られようとしている物たちへの愛情は深い。それは後ろ向きの感傷ではなく、先人の知恵を未来へ伝えていきたいという想いが込められているのだ。この本に紹介された「道具」だけではなく、この本を書いた「杉浦日向子」という優れた表現者がいた事も、同時に語り継いでいきたい。

 なお、蛇足ではあるが、杉浦日向子には百物語という怪談漫画の傑作がある。いまは文庫本一冊で、読むことができる。怪談に興味のある方には、ぜひ一読をお勧めする。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本綺想迷画大全

2008/01/21 05:46

斉天大聖(せいてんたいせい)大暴れ

7人中、7人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

「まぁ、なんとお行儀のわるい……」
 お釈迦様にそう怒られるのではないか、というのがこの本の第一印象だった。

 「西遊記」の訳者であり、シノロジー(中国学)図像学の第一人者である中野美代子氏が、お気に入りの絵画について語った本とくれば面白くない訳がない。そう思って読み始めたのだが、こちらの想像をはるかに超えた自由な精神の飛翔にめまいを覚えた。
 対象は中国を飛び越え、タイの寺院の壁画、中世ヨーロッパの写本、ペルシアの絨毯にまで及ぶ。さらにその内容といったら、巨大な一本足の怪物スキヤポデス・写字生たちが写本の余白に描いたラクガキ・皇帝のハンコがペタペタ捺された画巻・、日本の誇る若冲のニワトリ・デューラーの犀・十八世紀中国のフィギュアスケート……興味のおもむくままにその美味しいところを味わおうという姿は、天界の蟠桃や金丹を平らげた斉天大聖(孫悟空)の大暴れを思わせる。

 しかし、ただ単に食べ散らかす(この場合は見散らかす、か)のではない。その絵の描かれた時代背景に深く切り込み、作者やその絵を描かせた権力者の思惑までを暴き出す。たとえば、パオロ・ヴェネローゼ作『アレクサンダー大王の前のダリウス一家』のなかにさりげなく描かれた一匹のサル。ヨーロッパには棲息しないサルは、「東方」への植民地主義の表れだと読み解く。それは十七世紀のヨーロッパの地図に見られる偏見を経て、現在の私たちにもつながっている。本書の巻末で紹介される『西遊漫記』(1945)の内容は強烈だ。
 また権力者の肖像画の顔ではなく体の「異様な大きさ」に注目し、その例としてイギリスのヘンリー8世と明の洪武帝・永楽帝をあげる。ともに暴君として知られ、帝王の本質が洋の東西を問わないという指摘にはなるほどと思った。
 その逆に、西洋絵画と中国画の違いの解説も興味深い。十五世紀に「消失点」を発見し、二次元のなかにリアルな三次元を再現しようとしたヨーロッパに対し、中国画は遠近法をもたない。これはひとつの画面のなかで右から左へと視点が移動していくからだ。その鑑賞法を知らなければ、奥行きのないつまらない絵として見過ごしてしまうかもしれない。
 ただ漫然と画面を見ているのではわからない事がなんと多い事か。今まで絵画を見散らかしていたのは自分の方ではないか、と恥かしくなる。

 最初に著者の奔放さを孫悟空になぞらえたが、むしろ釈迦如来に例えるべきだったかもしれない。
 自分は絵画が好きで他人より多く観賞してきた、世間の評判にとらわれず自分の価値観で好きな絵を選んできた……そういう人にこそ、この本を読んでもらいたい。今まで自分が見てきた絵画とその理解が、いかに狭く浅いものであったかを知るだろう。そして自分こそが、「世界の果てまで飛んできたと思ったら、お釈迦さまの掌から出ていなかった孫悟空」だったと気づくに違いない。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

「女の子」以外の人たちへ

5人中、5人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

「食べ物」をテーマにした少女漫画である。
 そう聞いただけで甘ったるいものを連想して、胸焼けを覚える人もいるかもしれない。どうせ、惚れた別れたの恋愛話に生クリームがたっぷりトッピングしてあるのだろう、と。
 確かに「女の子の食卓」というからには、スイーツや恋愛がらみの料理も登場する。しかし、その味わいは単純ではない。例えば、自分の歩みたかった道を往く従妹への羨望とともに飲み込むシュークリームの苦い味。男をとられた元カノが恨みを込めて熟成させたフルーツケーキの不気味。男と失踪した母を見て封じていた自らの「女」を許す赤飯の渋味。舌ではなく心で味わう味だ。
 グルメ漫画というジャンルが定着して久しい。ありとあらゆる食材、料理法、薀蓄、時には奇天烈な勝負、が描かれてきた。本作にはそうした派手な仕掛けや、試してみたくなるレシピはない。(と言いつつ、2巻の「妹の極上のスクランブルエッグ」だけは作ってみた)登場する食べ物は平凡で、近所のスーパーやコンビニで入手出きるものが多い。そして多くの場合、主人公たちはそれらを無表情に頬張る。しかしクールで控えめな描写のなかでその感情が動く時、ハデな仕掛けのドラマの数倍の感動がおしよせる。極上の後味である。
 最新作という事で3巻に評をつけたが、それぞれが独立した短編なのでどこから読み始めてもよい。特に1巻の「アイスクリーム」「マカロン」「バジリコ・スバ」、2巻の「甘い麦茶」「ぎんなん」は絶品だ。この名シェフはともすれば忘れがちな人生の小さな小さな感情をすくい取って、一皿の料理にして差し出してくれる。いかにも若い女性向きの店構えで敬遠するのは、大きな損失である。この味わいを「女の子」だけに独占させておくのは、もったいない。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本怪談

2011/08/18 04:03

シュバンクマイエル氏にしいたけ1年分を贈りたい!

3人中、2人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

 唐突ですが、最近の大相撲をどう思われますか? いえ、野球賭博や八百長問題ではありません。番付上位にズラリと並ぶ、異国の力士たちの四股名。これを見るたびに私は、なんとなく落ち着かないような、こそばゆいような気持ちになるのです。私は国粋主義者ではありませんし、やれ「国技」だ、やれ「神事」だとやかましく言うつもりもありません。むしろ、現代の日本人にとっても異質な世界で頑張っている若者という意味では、心から彼らにエールを送りたいと思っています。しかし、どうしても感じてしまう小さな違和感は、私自身が気付いていない「日本人としての根っこ」を刺激されるからでしょうか。

 さて、小泉八雲の「怪談」。いうまでもなく、日本人なら誰でも知っている怖い話を集めた本です。とくに「耳なし芳一」「雪おんな」「むじな」は、怖い話のパターンとして今もなお再生産され続けているほど、人口に膾炙しているものです。日本人の魂のふるさと、と言ってもいいかもしれません。それだけに、初めて八雲が日本人ではない=ラフカディオ・ハーンという名の異国の人であると知った時は、大きな衝撃をうけたものです。ただ単に異国文化をうまく料理・紹介しているというレベルに留まらず、「日本の根っこ」を正確にとらえていると直観したからです。それは、とりもなおさず「怖いもの」の本質は、国籍や時代を超えて通じ合うものだという事の証明でもあります。ハーンさん、スゴイな! そう思っていろいろ読むうちに、彼が日本を深く愛し、日本人の妻をめとり帰化した事を知りました。その時に感じた、ちょっとした安心感。それは、小泉八雲は「こちら側」の人なんだという(狭量ではありますが)、素直な安堵だったのでしょう。大相撲で言えば、高見山・小錦などハワイ勢の関取といったところでしょうか。

 ところが、今回のシュヴァンクマイエルの挿絵はまったく異質でした。見たこともない技を繰り出すモンゴル相撲出身の力士たち、いえ、それ以上のおそろしいほどのインパクト! こんな「怪談」の表現があったとは。それは刺激などという生易しいものではなく、根底を揺さぶられるような体験でした。ヤンさん、スゴイな!……では、とうてい済まされないものです。
 技法としては、コラージュです。エルンストの「百頭女」以降、おおくの作品が創られていますが、正直あまり好きな技法ではありませんでした。どうしても二次使用という先入観が拭いきれないし、一からオリジナルで描かれた絵画の方がすぐれているのではないかと思っていたのです。しかし、このシュヴァンクマイエルの「怪談」ときたら……。ベースになっているのは、古い単色刷りの石版画でしょうか。なにかの挿絵のようですが、その中の人物を切り取って、その下に百鬼夜行絵巻や国芳・暁斎らの妖怪画がはめ込んであります。(京都文化博物館で実物を見てきました)その発想の奇抜さ、画としての面白さ。もう表現されつくしたと思っていた妖怪画に、こんな斬新なヴァリエーションがあろうとは。この発想は、幼い頃から水木しげるの薫陶を受けている日本人からは生まれないものでしょう。そのうえで、「日常の隙間から異界が現れる」という怪談の根っこもおさえている、もう脱帽というしかありません。

 「怪談」や「妖怪」を愛する人にとっては、必見の一冊です。それらは日本人のものだから……と安心していると大相撲のようになりかねない、そんなインパクトを感じました。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

62年目のトンチンカン

2人中、2人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

八月が来るたびに、私は小さな人形を取り出してながめる。人形の名前は頓珍漢(トンチンカン)人形。型もロクロも使わない、手びねりの素焼きの人形である。私が持っているのは大きいもので9cm、小さいものは3cm。全部で10個以上あるが、二つと同じものはない。このユニークさを何に例えたらよいだろうか。土偶・アフリカのマコンデ彫刻・バリの面・プランクトン・妖怪――すべてに似ているようで、すべて違う。頓珍漢人形としか呼べないものだ。
 人形の作者は久保田 馨(1928-70)。たった2年足らずの修行の末に独立し、一人で17年間に20~30万体の頓珍漢人形を生みだしたという人形作家だ。その数もおそるべしだが、更に驚くのは値段の安さである。これらは長崎の土産物屋で1個30円たらずで売られていたのだ。けして裕福な暮らしではなかった。それどころか母や妹をかかえ、日々の食事にも苦労していたが、生涯「子供が気軽に買える値段」を改める事はなかった。そのあたりの純粋さ、頑固さはぜひ本文で確認して欲しい。
 いま私が問題にしたいのは、その驚くべきエネルギーがどこから来たかという事である。作者自身の言葉が残っている。

 馬鹿な人間がいて(中略)ゲンバク、スイバクをどしどしつくっている。(中略)
 平和はくるものではない。つかむものだ。どうしてつかむか!ぼくはトンチンカン人形にきいた。
 「ドロの手でつかみなさい」(中略)平和を信じて人形をつくっていく。(中略)
 ゲンスイバク、つくられているかぎり、人形をつくっていく。

 久保田馨が長崎にやって来たのは1952年である。原爆体験はない。それでも彼の純粋な精神はそんな「バカオソロシイもの」を許す事ができなかったのだ。上記の言葉は、彼が地元の子供を集めてひらいていた寺子屋的組織「アリの会」のノートに書かれたものだ。生涯つうじてその想いが貫かれたかどうかはわからない。しかし、ゲンスイバクへの怒りが巨大なエネルギーとなって、人形を生みだした時期があったのは間違いない。
 同じエネルギーで創られたもうひとつの作品がある。バラバラの状態でみつかり、昨年(2006年)奇跡の復活をとげた岡本太郎作「明日の神話」である。太陽の塔とほぼ同時期に製作されたこの巨大な壁画は、やはり原爆がテーマだ。縦5・5メートル、横30メートルの「明日の神話」と、10cmに満たない頓珍漢人形はスケールこそまるで違うがよく似ている。深刻なテーマをあつかいながら、どこかユーモラスで明るさを失わない。人間の根っこの部分でつながっているように思われる。ピカソ風・ミロ風と言われて、烈火のごとく怒ったという久保田馨も、それは認めてくれるのではないだろうか。しかし、彼はその巨大な頓珍漢人形の兄弟の存在を知ることなく逝った。不浄なこの世界から、我が身を引き剥がすようにして。

 戦後60年以上がたち、あらゆる立場の人々の世代交代が進んでいる。伝聞に頼るしかない「あった事」「なかった事」の境界は曖昧になり、戦争の記憶はますます風化していくだろう。私たちの足元は、久保田が生きた時代以上に危うい。頓珍漢人形はもう増えることはないが、ゲンスイバクはどしどしつくられ続けている。
 人形の嘆きの声が聞こえるようだ。「何とトンチンカンなんでせう」――と。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本響鬼探究

2007/09/26 03:49

「劇場版」「仮面ライダー響鬼」「七人の」「王子」

18人中、14人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

「仮面ライダー響鬼」(以下「響鬼」)のファンは屈折している。
 自分の好きなものを好きとは言い切れない……そんな鬱屈した想いを抱いている。その原因は、番組中盤でのプロデューサー交代劇にある。作る人間が変われば内容が変わるのは当然の事だ。「響鬼」は連続した物語でありながら、ふたつのテイストを持ってしまった作品なのだ。

 この『響鬼探求』はその交代前、29話までを対象にした本だ。30話以降は別物として考え批判はしない、というスタンスが貫かれている。最初にその構想を知った時、ずいぶん窮屈な本になるのではないかと心配した。しかし、読み進めるうち、なるほどそういう事かと得心が行った。
 帯にはこう書いてある。……『いまでも、鍛えてます!』
 この本は「響鬼」という番組を振り返るものではない。「響鬼」という作品に触発された人々が、それぞれの得意フィールドでの「鍛えの結果」を披露するものなのだ。他人の過去ではなく、自分の現在を語る本なのだ。
 それはあたかも、番組中で「鬼たち」をサポートしていた“たちばな”のメンバーの活動を見るようだ。魔化魍(まかもう)を研究する者、鬼の秘密を探る者、修行方法を考察する者……番組終了後も続いているであろう彼らの研究発表会を覗いている、と考えると楽しくなってくる。「響鬼」は人間の善を描こうとした健やかな番組だった。『響鬼探求』のアプローチと読後感は、それに相応しいものである。

 さて、ここからは書評から少し遠ざかってしまうが御容赦いただきたい。
 この書評の題は「劇場版 仮面ライダー響鬼と7人の戦鬼」を意識したコラージュだ。省略せずに書くと「劇場版未来少年コナン」「七人の侍」「太陽の王子ホルスの大冒険」である。この3作は「途中で完成があやぶまれた、或いは違う形で完成せざるを得なかった」という点で「響鬼」と共通している。
 まず「七人の侍」だが、言うまでもなく黒澤明の代表作である。当初の予算の五倍を要したという大作は、撮影半ばにして中断の危機をむかえた。この時、黒澤は映画会社の重役を前に撮影が済んだ部分だけの試写会を行った。中途半端に終了し「この続きは?」と問う重役に、黒澤は「これから撮ります」と答えて追加予算を得た。作品の面白さで説得したのである。
 「太陽の王子ホルスの大冒険」は、現在ジブリを支える宮崎駿・高畑勲らが青春をつぎ込んだと言ってもいい長編アニメだ。製作期間8ヶ月の予定が2年以上かかり、上司は「君たちは会社がプレハブを作れと言っているのに、鉄筋コンクリートを建てているんだ」と叱ったという。発表時の評判は芳しくなかったが、今では日本長編アニメの金字塔と評されている。
 「ホルス」にも参加していた宮崎駿が、初めてオリジナル作品に挑戦したのが『未来少年コナン』である。この作品の映画化が決まった時、宮崎は頭をかかえたという。もともとTVシリーズで13時間近くある作品を、2時間にまとめるのは不可能だと思われたからだ。思い余った宮崎は完全新作の「未来少年コナン2」の企画を提出した。(後の未来少年コナン2 タイガアドベンチャーとは別物)しかし、TVのダイジェスト版で十分と考えていた会社と折り合いがつかず、新作は却下された。「劇場版」は他の人間が担当し、似て非なる作品となった。もしこの時に英断があれば、ナウシカ以前に傑作が誕生していたかもしれない。

 いずれの作品も予算や制作期間を超過したのは、その志の高さゆえだ。良いものを創ろうという情熱は、時として収まるべき器まで破壊してしまう。しかし、そうしたエネルギーを持たねば到達できない領域が確かに在るのだ。「響鬼」は間違いなくそれを秘めた作品だった。
 「響鬼」が秘めていた情熱の「現在」の結実が『響鬼探求』であるならば、「未来」はどうだろうか。初心貫徹ならなかったスタッフが、将来また別の形で「鍛えの成果」を見せてくれるのを、私は期待して待ちたいと思う。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本あちん

2008/05/31 05:28

メメント・モリ

13人中、13人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

「メメント・モリ(死を忘れるな)」
「哲学とは死の練習である」

 思春期の頃はそんな言葉をメモして、わかったような気分になっていたものだ。その時は真剣だったが、切実ではなかった。あくまでも「死」はまだまだ先の話であり、他人事だった。絶対に安全を保証された場所から、死の恐怖をのぞいていたに過ぎない。いわば遊園地のバンジージャンプのようなものだ。
 怪談の醍醐味もまた、それに似ている。どんなに恐ろしくおぞましい話であろうと、それは活字(または映像・語り)の向うの世界だ。安全な場所で、擬似恐怖体験や仮の死を味わうのだ。
 しかし「あちん」を読み進むうち、じわじわとその安心が侵されていくのを感じた。そう、作品に登場するオホリノテが這い出てくるように。この感覚は、いったい何なのか。

 「あちん」は福井県の都市伝説や実話をもとに書かれた、連作短編怪談である。『雨の日にお掘りばたを歩いてはいけない』という言い伝えを破った主人公は、オホリノテと呼ばれる藻草を踏んでしまう。それ以降、靴に残った黒いシミが拡がるように次々と怪異に襲われる。切るとタタリがあるというご神木、死者と話せる公衆電話、逆回りすると黄泉の国に誘われる島、見たら必ず死ぬという武者行列……。どこの街にもありそうな怪異そのものが怖いのではない。それに付随して語られる、身近な人の死や確執が怖い。今まで平凡だと思っていた生活がもうひとつの顔を見せる、その逆転が怖い。安心だと信じていた道が、実は「死」につながっている事をリアルに思い出させるのだ。いわゆるホラー映画のような派手な恐怖ではなく、十年ぶりの同窓会に顔を見せないクラスメートの不幸を知ってしまったような、リアルで重苦しい恐怖である。
 それを支えているのが、的確で読みやすい文体と、抑制のきいた人物描写だろう。都市伝説や近しい人の死の描写にリアリティがあるからこそ、読者の記憶や体験と重なりあって「こちら側」を侵す恐怖がうまれるのだ。

 私たちの歩む道は、かならず「死」に通じている。「あちん」はその根源的な恐怖を、リアルに思い出させる。主人公はその恐怖に直面しながら、もがき苦しみつつ、やがて一つの解に辿り着く。それは特別なものではない。
『これからも、この土地で生きていく』という、平凡だが強い決意だ。その決意をもって怪異を見直せば、祟りと思えた死が護りであった事に気付く。呪詛の声と恐れたものに、友情がこめられていた事を知る。怪異に侵された日常が、さらに逆転して進むべき道がみつかる。
 死を忘れてはいけない。しかし、囚われてもいけない。そんな事を思い起こさせてくれた怪談集であった。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

世にも稀なるブリガドーン現象の観察記録

12人中、12人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

 私はつねづね「水木しげる」とは、戦後日本を襲った最大級の“ブリガドーン現象”ではないかと考えている。ブリガドーン現象とは、百年あるいは千年に一度、複雑な気象条件と物理条件がそろって現れるもので、その中は妖怪や幽霊が跋扈(ばっこ)する世界であるという。
 私たちの周囲をよく再確認してほしい。TVや映画では何度も「鬼太郎」がリメイクされ、その登場キャラクター、すなわち妖怪グッズがあふれている。『砂かけ婆』と聞けば、ほとんどの人がそのビジュアルを思い描く事が出来るが、もともとは“誰も姿を見た事がない、一地方の怪現象”だったのである。それを日本全国津々浦々にまで広めたのは、他ならぬ「水木しげる」であった。もし彼がいなかったら、『砂かけ婆』は地味な伝承として、今頃は忘れ去られていたに違いない。

 また「水木しげる」の猛威は、妖怪のみにとどまらない。ヒットラーや南方熊楠の伝記、自らの体験をもとにした戦記、幸福論や人生論、その全体像はあまりにも巨大で見極めるのが難しい。
 しかし、ここにその強烈なブリガドーン現象を定点観測していた人たちがいる。「水木しげる」の家族である。彼らは凄まじいエネルギーの内側、台風の目のような場所に身をおいて、この稀有なる活動の一切をみつめてきた。これはどんな「水木しげる」研究家が望んでも得られない幸運であり、貴重な記録である。
 さらに幸運な事に、水木しげる夫人:武良布枝氏の『ゲゲゲの女房』と、次女:悦子さんの『お父ちゃんと私』(本書)がほぼ同時に上梓された。妻と娘という二つの立場を読み比べる事ができるのだ。夫人の記録は丁重で人生の滋味を深く感じさせるのに対し、本書は軽妙で「水木しげる」の明るいひょうきんな側面をより多く伝えてくれる。どちらが良いというものではない。同じ事件を取り上げても、微妙なニュアンスの違いがあるのだ。私が特に感動したのは、「水木しげる」が妖怪の存在に疑問を抱きスランプに陥った時、悦子さんの言葉で自信を取戻した時のエピソードだ。ぜひ、双方の記録を読み、この未曾有のブリガドーン現象が、実は家族の愛で支えられていた事を確認してほしい。

 水木漫画のなかの“ブリガドーン現象”は、人間社会を混乱させるものとして消滅させられてしまう。しかし、その社会が目に見えるものだけに価値をおく( いや、価値があるかどうかわからない株価の変動に右往左往する )ものならば、それは守るに値するものだろうか。
 私たちは幸いにして、目に見えないが感じる事のできるものの価値を「水木しげる」に教えてもらっている。その豊かさをいま一度かみしめ、子供時代に鬼太郎の歌を口ずさむたびに感じた、開放感、幸福感を思い出したい。

(書評のなかとはいえ、敬称略で「水木しげる」と書くたびにドキドキした事を付記しておきたい)

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

「最後のフロンティア」の素顔

8人中、8人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

 『深海は宇宙よりも謎に満ちている』と言われる。宇宙よりはるかに身近にありながら、重力と暗闇と低温が人類の侵入を拒んできたのだ。『地球最後のフロンティア』という言葉にロマンを感じたものである。

 ところが昨今、深海生物の映像を見る機会が増えているように思う。「へんないきもの」のヒットもあってか、TVで生きたユメナマコの姿が紹介されるのも珍しくない。本書「深海生物の謎」も図版が豊富だ。200頁中半分、あるいはそれ以上をカラー写真が彩る。どうやら『深海』は以前に比べると、すこし身近になっているようなのだ。これらの映像はどのように記録されたのだろうか。そこに注目して読むと、我が国の深海探査の現在が見えてくる。

 日本の深海探査と聞いて真っ先に思い浮かぶのは、有人潜水調査船「しんかい6500」ではないだろうか。その通算潜航回数が1000回を越えると知って驚いた。誕生から17年、単純に割れば月5回一週間に一度は潜っている計算だ。
 また我が国は、世界で唯一の1万m級の探査機を持っていると記憶していた。しかし、この無人探査機「かいこう」は、残念な事に2003年にケーブルが切れる事故で失われてしまったという。現在は7000mまで潜れる無人機で代用しているそうだ。更に3500mまで潜水でき、自律航行可能な探査ロボット「うらしま」がある。

 これらは深海探査の花形と呼べるもので、門外漢の私でも知っていた。しかし、相模湾・初島沖の海底1175mに「深海底総合観測ステーション」が設置されている、というのはまったく初耳であった。すでに1993年から14年間も観察を続けているのだそうだ。この画像が滅法おもしろい。街角に置かれた定点観測カメラさながら、深海生物の素顔をのぞく事ができるのだ。
 たとえば右から左へ、物体のように流されていくだけのテングギンザメ。大きな目を持ちながらカメラにぶつかるソコダラ。キャプチャー画面だから不鮮明ではあるが、なんとも気取らない普段着の姿だ。筆者はこの映像から、「エサが少ない深海魚はロスを避けるために泳がない」「目はついていても使っていない」のではないか、という仮説をたてている。深海には我々が魚に抱いているイメージを覆す、ただ「流されていくだけ」という生活があるのかもしれない。
 もうひとつ、観測ステーションがとらえた極めて珍しい乱泥流の連続写真も載っている。これは地震によって起きる海底の地滑りだそうだ。深海生物にとっては生き埋めの危険もあるが、浅い海から豊富な有機物を運んでくれる恵みの現象でもある。映像としては地味だが、地球誕生以来くりかえされてきた営みだと思うと感慨深い。
 その他にも、クジラの死骸に群がるエゾイバラガニや、突然の探査機との遭遇に驚き逃げ惑うクマナマコ、そして水圧によってカルシウムが溶けて貝殻を失いイソギンチャクを直に背負っているヤドカリなど、滅多に見られない画像のオンパレードである。

 それにしても、なぜこんなに熱い視線が深海に向けられているのだろう。それは、深海と呼ばれる「トラフ」や「海溝」がプレートが沈み込む所、すなわち『地震の巣』だからだ。地震大国・日本としては無視できない場所なのである。
 また、海底火山活動の活発な場所には独特の「化学合成生態系」が存在する。光合成に頼らず、硫化水素などの化学物質からエネルギーを得るチューブワームやシロウリガイは、まるでSF小説に出てくる生命体のようだ。しかし、逆に彼らの生きる環境こそ、生命が誕生したばかりの原始の地球に近いのだそうだ。そういえば海底をさまようナマコは、カンブリア紀の生物に似ているようにも見える。深海は地震のメカニズムだけではなく、生命の秘密も隠しているようだ。

 深海は謎に満ちている。しかし、少しずつそのベールは剥がされつつある。それを眼で確認できる入門書として、最適の一冊だと思う。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

ハラノムシが治まる成分が含まれております

8人中、8人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

 架空生物の図鑑というのは、なぜこんなに楽しいのだろう。シュテンプケの「鼻行類」しかり、鳥山石燕の「画図百鬼夜行」しかり。生物ひとつひとつの意匠を味わうのも良いが、全体を流れる独自の世界観や体系がまたたまらない。役にたたない知識を蓄える喜びを満たしてくれる。この「戦国時代のハラノムシ」もまた、頁をめくるたびに思わず笑みがこぼれる一冊だ。前記の作品が好きな方なら楽しめること請け合いである。63匹の可愛い(なかにはグロテスクなものもいるが)ムシたちが、あなたを迎えてくれるだろう。
 とはいえ、ハラノムシ達を「ハナアルキ」や「ぬっぺっぽふ」と同列にあつかうのは問題があるかもしれない。彼らが収められた『針聞書』は読者を楽しませようとして書かれたものではないからだ。れっきとした日本中世の学術書、医学書なのである。ハラノムシとは当時の人々が実在を信じた、自分たちを苦しめる病魔なのだ。『針聞書』は五臓六腑のうち特に重要な五臓(肺・心・肝・脾・腎)を五行説(金・火・土・木・水)に当てはめ、そこから各々に巣食うハラノムシの弱点を推測し、鍼や薬物で退治するという意図のもとにまとめられたものだ。現代の知識・医学からすればナンセンスかもしれない。しかし、当時も今も痛みや苦しみは「目には見えないがリアルにそこにあるもの」だ。それらに形を与える事によって、コイツさえいなくなれば解放される…と信じた人々の切実な思いを笑うことはできない。
 そのような視点で見直すと、可愛らしく見えたハラノムシ達の顔がなんとも憎らしく見えてくる。馬・牛をモチーフにしたものは、こんなのが体内で暴れまわったらたまらないと思わせるし、名医でも手をやくヤツは笠をかぶっている。これでどんな薬もはじいてしまう、という理屈だ。なかにはハラの中にしまっている欲望を閻魔大王に告げ口して、宿主を地獄におとそうとするお節介で性悪なのまでいる。「痛み」にまでキャラクターを与えるあたり、アニミズム大好き日本人の面目躍如といったところだろうか。
 このキャラクター性に目をつけた九州国立博物館(『針聞書』所有)では、絵本「はらのなかのはらっぱで」を始め、ハラノムシ・グッズを作り販売していて好評だという。戦国時代の病魔がこういう形で甦り、受け入れられるのは実に楽しい事だ。私もフィギュアを数点購入してみたが、肝積(かんしゃく)の胴体をオオオナモミ(いわゆる「ひっつきむし」と呼ばれる草の実)で再現するなど工夫されていて、なかなか愛らしい。ただし、収容された小瓶のフタをしっかり締めておく事が肝要だ。見ているぶんには癒し系だが、ハラノナカに潜り込まれるとやっかいだからである。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本世界のキノコ切手

2007/12/26 06:53

50万分の1のキノコ

6人中、6人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

 この本を手にしたら、まずは表紙の切手部分を撫ぜてみてほしい。少し段差があって、本当に切手が貼ってあるように感じるはずだ。こういう遊び心を発見すると、たまらなく嬉しい。

 さて、本書は20年以上前に突然キノコに「取り憑かれた」という写真評論家・飯沢耕太郎氏が収集したキノコの切手のコレクション・カタログである。3000枚以上を収集したという目にも鮮やかな世界中のキノコ切手が、国別に分類され紹介されている。そこにはふたつの世界への扉が用意されている。すなわち、「キノコの世界」と「切手の世界」である。

 まずは「キノコの世界」。私も筆名に使っているくらいだからキノコは好きだが、その魅力は奥深い。思いつくまま挙げてみよう。色や形が豊富である・食べられる・毒がある・生態に謎が多い・多くの文学や絵画や映画作品に登場する……等々。さまざまなアプローチの仕方があるし、どの角度からみても飽きない面白さを持っていると思う。本書巻末の対談では、植物でも動物でもないキノコのあり方が語られていて興味深い。とかく白黒をつけたがる現代の人間に、第三の道を示しているようにも感じられる。

 次に「切手の世界」。かつて切手といえばコレクションの花形だった。1960年代前後のブームの頃は、子供から大人まで夢中になって収集したものだ。額面以上に価値が出るのでは……という投機的な側面もあったが、やはり切手の持つ魅力が大きかったのだろう。小さく美しく種類が多い切手は、コレクションに最適だった。
「小さく美しく種類が多い」という特徴はキノコにも被っている。キノコと切手は相性がいいのだ。二つの世界が、とても自然に重なっている。
 コレクションの楽しみは、分類する楽しみである。本書の分類どおり切手デザインのお国柄を楽しむのも面白いし、あるキノコ1種を見比べてその共通点や違いを発見するのも味わい深い。また記念切手を重要な外貨獲得の手段として、力をいれている国も多い。切手から国際情勢にまで思いが及ぶ。

 世界最古のキノコ切手は何か、海外のキノコ切手カタログにみつけたとんでもない日本切手へのカン違いとは、などエッセイ部分も面白い。なかでも私が興味をひかれたのは以下の数字である。
 世界中に存在するであろうキノコの種類:約50万
 そのうち発見されているもの:その5%
 学名があるもの:2-3万
 日本に存在するキノコの種類:約1万
 和名のついているもの::2-3000
 世界で発行されている切手の基本セット:3840
 日本で発行されている切手の種類:1

 我が国唯一のキノコ切手は、1974年「第9回国際食用きのこ会議記念」切手に描かれたシイタケである。いかにも寂しい。郵政民営化後の記念切手がどうなるのかは知らないが、もう少し遊び心があってもよいのではないだろうか。著者と声をあわせて叫びたい。
「日本にキノコ切手を!」

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

27 件中 1 件~ 15 件を表示