サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

  1. hontoトップ
  2. レビュー
  3. 牛久保さんのレビュー一覧

レビューアーランキング
先月(2017年8月)

牛久保さんのレビュー一覧

投稿者:牛久保

4 件中 1 件~ 4 件を表示

紙の本夢幻紳士 逢魔篇

2006/04/11 13:54

ヴァラエティにぶっ飛んだ連作12篇!!

5人中、5人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

あとがきを読むと「ヴァラエティにぶっ飛んだ連作12篇」にしか表記出来ません(笑)
(正しい帯表記は「ヴァラエティに富んだ連作12篇」です)
各話について約一言づつ語らせて頂きます。
血まみれ心中
血の表現が白黒なので際だって切れ味抜群で綺麗。
夢幻氏の表情が穏やかで優しげなのが印象的。
首かじり
紳士、器用な芸を身につけたようです。
「あれ」って飛ばせるものなのですね。
手の目
「ゆめまぼろしにまがみのるなり」とは良く仰ったものです。
台詞まわしが小気味良い話です。
毛羽毛現(けうけげん)
高橋葉介氏に料理させれたラプンツェルはこうなるんですかね。
女泣かせの紳士です。
牛鬼
そういや昭和初期というか着物のときってパンツ履かないですよね。
夢幻紳士、あんさん鬼より恐いよ。
陰魔羅鬼(ヲンモラキ)
えーと、後半は18歳未満は閲覧禁止(笑)
個人的には一等好きなお話かも。
水虎
水虎と言えば「涙」という単語が浮かびます。
捌くときには血抜きをしっかりとね。
酒蠱(しゅこ)
バカ殿のウォッカ一気呑み対決を思い出しました。
締めはレディファーストの先駆けですかな?
件(くだん)
夢幻魔実也VS細木数子で対決させたら良い勝負かと。
昭和と平成の屁理屈王決定戦、勝敗はいかに!?
猫又
猫は「三味線の皮」以外にもこんな使い道が!
やはり現実ではグロめな表現も美しいです。
百鬼夜行
扉絵が素晴らしい!!
素敵な「夢」を見せて頂き感謝します。
music・GO BACK TO CHINA[THE WORLD IS MINE](くるり)
冥途
いま流行の喫茶ではなく文字通り生と死の間(はざま)の道すがら。
お帰りなさい、お嬢ちゃん。還ってこれてめでたし、めでたし!
あとがき
実はこの項目が一番楽しみでした!
本篇だけミステリマガジンにて追っていた感覚は「ドリフの居酒屋コント」で例えると「高橋氏=志村けん」「夢幻氏=いかりや長介」で葉介先生の手によってイジられている印象でしたが。。。
どうやら逆のようでした(笑)

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本夢幻紳士 回帰篇

2009/12/04 19:13

夢幻紳士、奇異な夢みる

4人中、4人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

20年以上前に発表された過去の“怪奇篇”の12エピソードを著者自ら現在の“回帰篇”として文芸誌「ミステリマガジン」で連載。
本書はプロローグとエピローグを描き下ろした平行世界的な物語なのでしょう。

★プロローグ
“彼”には珍しい女性の友人が出てきます。
読み方によっては“彼女”は読者自身に置き換えが出来そうで、これから始まる物語に深みが増します。
★蝙蝠(こうもり)
正体が何であれ、どうやら夢幻紳士は女性には優しく甘い果実の味がする様です。
男友達にとっては頼りになるのかならないのか。。。?
★首屋敷(くびやしき)
旦那さんの表情が登場の時点でイッちゃった感じが奇妙さを倍増させてくれます。おまけに夫婦そろって「家政婦は見た!」状態です。
夢幻君の全てを見透かした上で浮かべる微妙な表情の変化と行動が見所です。
★沼(ぬま)
これが本当の「沼ガール」です。だって沼に棲んでいるのですから。
しかし男女の愛憎は物凄いです、愛しき人を追いかけて最終的には一緒になってしまったのですから。
★吸血鬼(きゅうけつき)
ラストシーンは感動的です。この辺りから彼の喜怒哀楽がはっきり出てきている様子です。
珍しく?夢幻君はお仕事の探偵業にいそしんでいます。
“吸血鬼”VS“探偵”の緊迫感あるやりとりには息をのむ迫力があります。
★蛇(へび)
冒頭に出てくる女性のポーズは女の自分でも艶っぽく感じ、見惚れてしまい
ました。
主人公よ、あなた仕事と結びつけてナニをヤッているんですか!?
★夢魔(むま)
子どもには無限に優しい夢幻紳士。
今回は一人の少女を徹底的に守ります。この世ともあの世ともつかない不思議な世界から体を張って守りきったり、トレードマークの帽子が無い彼は人間らしくて親近感がわきました。
★木精(すだま)
「禁断の恋」というのにピッタリな作品。人間と美しき山の精です。
お互いの想いは通じ合っているのにおそらく二人は結ばれる事はなかったでしょう。
後半の夢幻君は自身の無力さを悔いている様な切ない表情が多く、印象的です。
★鬼(おに)
この回の表紙絵は美しさの中に残酷さを持ち合わせている印象がして見ごたえがあります。
ふとしたきっかけで出会った夢幻君と女性。。。そして、鬼。
“彼女”が夢幻紳士に触れ、流した涙と哀しくて切ない表情が救われた気がしました。
★蜘蛛(くも)
ゲストキャラクターのさやかさんが少女というより「オンナ」になっています。
でもまだ「コドモ」な目線も持ち合わせてる微妙な時期、ふたつのヒトの形が重なって“合計手が4本足が4本”が彼女には「大きなひとつの蜘蛛」に見えても不思議ではありません。
★夜会(やかい)
夢の様な美しく恐ろしい一夜の話。女は何か得体の知れないモノに殺される幻影を。男は女を殺してしまう恐怖を。
それぞれ長い間、抱えていた物を夢幻紳士が溶かします。
結果はどうあれお互い救われたのでしょう。
★花火(はなび)
夢幻君の友人、吉岡さん兄妹が視た“花火の幽霊”にまつわる話。
花火の絵はとても華やかで奇麗に描かれていて、まるで命の儚さが描かれている様子でした。
彼にはきっと独りで“行って”しまう吉岡さんの妹を見送る役目もあるのでしょう。
★幽霊船〔前編〕(ゆうれいせん)
終焉へ向かう為に出航しなければいけない、そんな後悔に憑りつかれた人々が集う船に乗り合わせた夢幻紳士。
そこで一人の女性と共に行動していくのですが女性が違和感を感じ。。。
★幽霊船〔後編〕(ゆうれいせん)
夢幻紳士が女性に「ある言葉」を投げかけると彼女も前編に出てきた人物たち同様、後悔を抱えていました。
後に女性が下した決断には色々と考えさせられます。

回帰篇の夢幻君は今までで、もっとも強い能力を持ちながら同時に優しく人間らしいキャラクターの様な気がします。
★エピローグ
清々しい表情で“彼の夢”を視終えた女性の満足げな様子が素敵です。
そして最後に画面に現れた、大きな帽子に黒ずくめの格好とくわえ煙草の誰か。

物語はまだまだ続きそうですね。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

勇ましきかな次期女王陛下

3人中、3人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

キッカケは三鷹のTSUTAYAで新刊が出ていたのを見て、カバーイラストが今時めずらしくクラシカルな絵柄でダークなファンタジーなのか?
と、思い購入しぽつぽつ読んでいたのですが。。。シンプルに見えて実は細部にまで凝っていて面白い話、絵を描く人だなあ。と感じました。

設定としては、主人公のヒロくん(日和見日郎)異世界?からきた怪物を束ねる王族の一人である『姫』に『認められる所』から始まります。
なぜ、『見初められる』ではなく『認められる』のかはおそらく姫はヒロに対して恋愛感情を持っていないのだと思うからです。
出会い方も特殊で二人は病院の霊安室で出会います。
と、いうか『姫』が『ヒロ』を『見付ける』んです。
そこから波瀾万丈のストーリーが始まる訳ですが、“怪物王女”である姫との『契約』で不死身になったヒロは日常と非日常とを往復する生活が始まります。
初めはひ弱だったヒロが回を重ねるにつれ、成長し『姫を護る契約』と自分の想いを姫に届けようと全力で戦闘を果たそうと奮闘する姿は魅力的です。
しかし、姫は『契約で得た不死身のガーディアン』ことヒロを凌ぐ強さで様々な敵と戦います。
でもピンチの時はヒロが必ず姫を護ります。『姫』は普通の人間と同じく『不死身ではない』ので『守護者』がイザというときは大活躍です。

元来、「お姫様」と言うとヒーローに護ってもらう物語が多い中。
戦陣きって常に冷静で敵の情報を集め、徹底的にとどめを刺す、こんな勇敢で勇ましい姫のキャラクターは読んでいてとても魅力的です。
その他のキャラもきちんと個性があって解りやすいです。
しかし、血の描写が結構多いため読む人を限定させてしまうのではないかという。。。心配もありますが。わたしは好きです。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本無印良品のふしぎ

2006/04/19 05:33

ブランド本

3人中、3人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

まさに無印ブランドを本にしました!
な印象です。
商品説明がユーモアあふれていて愛おしいです。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

4 件中 1 件~ 4 件を表示