サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

  1. hontoトップ
  2. レビュー
  3. 風の息さんのレビュー一覧

レビューアーランキング
先月(2017年8月)

風の息さんのレビュー一覧

投稿者:風の息

1 件中 1 件~ 1 件を表示

タイムリーな一冊鋭い視線静謐で温かなタッチお勧めです

10人中、10人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

過労死や過労自殺は無残である。遺族の方々の思いは尽きないだろう。決してあってはならないことだ。しかし現実は厳しく、その実数は減らない。本書はそれに真っ向から取り組んでいる。
メンタルヘルスに関する本はたくさんある。しかし多くは精神科医や、カウンセラーたちの意見であり、提案である。過労問題が蔓延している現場からの発信ではないからだろうか。一般論で終わっている。その点、使える本が欲しいと常日頃から感じていた。
本書の書き出しは、公開されているらしい過労現場に焦点を当てている。これを読めば、現場の厳しさ、人間関係の粗雑さがいかに大事かということが、過労と縁遠い人でもよくわかる。
JR福知山線の脱線事故を扱った点もタイムリーだった。職場が劣化するとこうなってしまう、という意味が、痛いほど伝わってきた。
興味深く読んだのは、疲れ果ててしまう脳のからくりだった。
あるいは、それと過労死との接点だった。
現代社会で起きている問題を、現場からのレポートとして、またその解決策として提示された本書は、多くの労働者の参考になるだろう。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

1 件中 1 件~ 1 件を表示