サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

  1. hontoトップ
  2. レビュー
  3. 全共闘世代より上のくすぶり世代さんのレビュー一覧

全共闘世代より上のくすぶり世代さんのレビュー一覧

投稿者:全共闘世代より上のくすぶり世代

1 件中 1 件~ 1 件を表示

多くの経営者諸兄に一読を薦めます

4人中、4人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

今年、半年の中で最も痛感した本である。
似たような題名の本が多いからだろうか、こうした書物は購入しようと思ったことがなかった。しかし、ある人から薦められて読んでみた。
新聞書評には興味を持って欠かさず読んでいたのだが、経済紙と地元紙しか取っていなかった私は、この本の存在を知らなかった。会社では全国五紙を取っているが、そこまで目が回らなかったと弁解させていただく。
結論は、朝日新聞書評にあるとおりである。
私自身、そのことを痛感した一人である。
個人的なことで閲覧者の方々には済まないが、私はある企業の上層部にいる。本書を読むにつれ、このような立場にいながら、いかに現場を知らなかったかという思いにさせられた。というより、まさに「追いつめられて」いった。
それを教えてくれた本書に感謝せずにはいられない。
上司と部下との関係がうまくいっていないらしいと感ずるようになったのは、いつからだろう。
しかし何の手立てもなく、どうしてよいかさえわからず、当事者同士が何とかするだろうと思っていたときに、長期欠勤者を生むことになった。経過ははかばかしくなく、結局退社された。
かつては私の同僚であった人物であり、いくつかのパテントを取った功労者でもあった。
そのようなケースが、年々増えていることに、言いようのない危惧を感じていた。
私は当時、何を考え、何をしてきたのか? そして今、何をしなければいけないのか?
慙愧に耐えないというのが正直な反省であり、率直な印象である。
これから世代交代をする中で、本書から得た感想をそのまま後輩たちに伝授することが、今の私の使命だと感じている。
あとは後輩たちに託したい。
その前にしなければならないことが山積していることを、改めて教えられたという反省と感謝の一心で、お恥ずかしい文面を承知の上で投稿させていただく。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

1 件中 1 件~ 1 件を表示