サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

  1. hontoトップ
  2. レビュー
  3. ボックスさんのレビュー一覧

レビューアーランキング
先月(2017年6月)

ボックスさんのレビュー一覧

投稿者:ボックス

1 件中 1 件~ 1 件を表示

下妻物語完結編フカキョンが朗読してほしい

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

 小説としても最高だが、フカキョンによる朗読劇が聴きたい。一人称で語られる物語は、彼女深田恭子の声がジャストフィット、映像で見るよりよっぽど小説の雰囲気が味わえるのでは無いでしょうか?。
 小説の内容ですが、前作の物語壊すことなくさらにスケールアップして物語が進行して行きます。前作を読んだ人なら安心して読める作品です。
 逆に、前作の映画では変に友情物語的な要素が前面に出ていて、映画を鑑賞してから完結編を読むと桃子やイチコの描写に驚くのではないか?いい意味でイチゴ理論の天才ぶりや、桃子の意地っ張りで一途な心情に感動するのでは無いでしょうか。
 実際桃子は、この小説で自分のことをよく話しますが、形の無いものを語る時彼女に価値観、人生観が垣間見え、桃子がとても愛しく感じるのです。もう一人の主役のイチゴは、形のない物を一貫して話します。それは、彼女の存在理由のすべてであり、そこにこそ彼女が皇后しく、見えるのでは無いでしょうか?イチゴ理論は難解ですが、おもしろい。
 最後に、物語は完結ですがまだまだ、続きが読みたい。イチゴの結婚式や、桃子のパリコレの物語が知りたい。作者さんに期待しています。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

1 件中 1 件~ 1 件を表示