サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

  1. hontoトップ
  2. レビュー
  3. かなめちゃんさんのレビュー一覧

かなめちゃんさんのレビュー一覧

投稿者:かなめちゃん

1 件中 1 件~ 1 件を表示

紙の本スピノザ共同性のポリティクス

2006/09/04 01:08

面白かった

4人中、4人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

これは日本人の研究者が出したスピノザ関係の本の中では、割とわかりやすいし、ためになるスピノザへの導入の本と言えるのではないでしょうか。
なぜかというと、上野さんの講談社新書の『スピノザの世界』も読みやすくてとても好きなんですけど、上野さんのはスピノザのエチカの合理的な側面に沿って解読しようとしていて、そのせいかもしれませんが、スピノザの思想の政治的な広がりの部分とかはあまり見られない気がします。でもこの本はスピノザの思想の裏面というか本質というか、スピノザが重視した感情とか身体の側面と、集団とか政治の側面にずっと焦点をあてていて、上野さんのとは違った方向からスピノザの思想を照らしていると思うし、その内容が哲学史の本なんかに出てくるスピノザ像しか知らないひとには、かなり驚きだと思います。
スピノザの初心者は、両方読むと、スピノザについて違った側面から見られていいんじゃないかなと思います。さすがにこちらのほうが新書よりは読むのに苦労はしますけど。
ドゥルーズのスピノザ論も理解するのはかなりしんどいけど、この本はドゥルーズのスピノザ論をかみ砕いて、翻訳だけでははっきり伝わらなかったポイントをずばっと言ってくれている感じがします。ニーチェを乗り越えているところの指摘とか、ヘーゲル批判とかも納得できるところがあるし、それからネグリとドゥルーズの違いなんかも最後のほうでは分析されていて、なるほどと思うところも結構あります。
今年の収穫の一つでした。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

1 件中 1 件~ 1 件を表示