サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

  1. hontoトップ
  2. レビュー
  3. わいずむさんのレビュー一覧

わいずむさんのレビュー一覧

投稿者:わいずむ

2 件中 1 件~ 2 件を表示

同性愛に寛容な国・フランス

5人中、5人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

 57%......。これは同性カップルの結婚合法化に賛成するフランス人の割合だ。反対する人はわずか38%。同性婚に賛成する人は25%のみで、国民の66%が反対しているアメリカとは対照的にフランスは同性愛に寛容だ。
 2007年に行われる大統領選挙では同性婚が争点となり、賛成する野党の社会党が政権に就けば、オランダ、ベルギー、カナダ、スペインに続き、世界で同性カップルが合法的に結婚できる第5番目の国にフランスはなる。著者は2年間フランスに滞在し、同性愛者向けのテレビ局が存在し、ゲイ雑誌がキヨスクで公然と売られ、大統領がゲイ雑誌のインタビューに応え、ゲイ・パレードに毎年70万人の人が参加し、パリ市長がゲイ......というフランスの同性愛事情を本書で伝えている。
 男性同士の結婚を執り行った市長、同性カップルも遣える準結婚制度・パクスを作った政治家、娼婦だった人権活動家、もっともゲイ・フレンドリーな政党『緑の党』党首、共産党の責任者や与党系ゲイ団体の代表などフランスの「ゲイ著名人」に片っ端からインタビューしている。フランスのゲイが置かれている状況やフランス人の同性愛観、同性愛者が権利を獲得していく歴史も平易に書かれ
ている。数多あるフランス本では決して知ることのできないフランスの現在を本書で知ることになるであろう。
 宮台真司・首都大学準教授、レズビアンの尾辻かな子・大阪府議が推薦している。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

フランスのマグマに迫る

4人中、4人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

 フランスは沸騰している。2005年5月29日に行われた欧州憲法批准をめぐる国民投票は、投票率69%、反対票55%と推進派にとっては大差のついた負けだった。それは、欧州では1年前は誰しも予想しなかった結果であった。国民運動連合、フランス民主連合といった与党はもとより、最大野党の社会党や緑の党まで批准に賛成していた中での否決だった。既存の政治に対する不信を国民投票でフランス人が爆発させたと言える。
 2005年の秋にフランス全土で起きた移民2・3世を中心とした暴動もフランスの沸騰を表している。
 2006年春に政府が推進したCPE(初期雇用契約)の導入を
めぐってはゼネストが2度実施されたほか、学生たちの激しい抵抗に遭い、一度は成立した法律でありながら撤回に追いやられた。
 そして、ワールドカップ決勝戦ではジダンの頭突きが飛び出した。それはフランス社会の怒りを象徴するような頭突きだった。
 本書では、いまフランスで何が起きているのかを克明に記述している。本書は2つの手法から構成されている。
 1つ目は筆者によるレポートである。筆者が全力を傾注して取材し、フランスの実態をありのまま書いている。2つ目は筆者による要人へのインタビューである。 登場するのは、欧州を代表する知識・実力・名声を兼ね揃えた大物たちだ。
 2002年に欧州を震撼させた極右の親玉ルペン、欧州憲法をつぶす原動力となった ドヴィリエ子爵、国際連合に大きな影響力を持つ人権NGOを率いるダニエル・ミッテラン前大統領夫人、ヨーロッパ環境派のカリスマ的指導者、ダニエル・ コーンベンディットにインタビューしている。
 この本を理解するための基礎知識はいらない。ヨーロッパやフランスを知る上で必要な基本用語は本書の中で解説をつけてある。ただ、ページをめくれば、フランスとヨーロッパ、そして世界の「現在」が見えてくる。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2 件中 1 件~ 2 件を表示