サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

  1. hontoトップ
  2. レビュー
  3. 玉露割りさんのレビュー一覧

玉露割りさんのレビュー一覧

投稿者:玉露割り

1 件中 1 件~ 1 件を表示

読むとすぐに麻雀が打ちたくなる!!

2人中、2人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

 バビィこと馬場裕一プロの最新戦術本。馬場プロといえば、「何を切る」というイメージが強く、この本も基本的にはそのテイストを受け継いでいる。左ページに例題と解説、そしてそれを踏まえた問題を用意、ページをめくってみると問題の解答とその理由を紹介する、という構成。この本のキモは「例題の解説」「問題の解答理由」にあるといってもいいだろう。パズル的要素が強い何切る本と違うのはここである。どうしてその一打を選ぶべきなのか。その理由を戦術的側面(受け入れが一番広い、得点力がある、アガりやすい…etc)と戦略的側面(相手に精神的ダメージを与える、相手が切りやすい牌で待てる形を作る)という2つの要素から詳しく紹介しているのである。
 まぁ、普通の戦術書ならば、この程度の要素があって当たり前という見方もあるだろう。だが、詳しく説明しようすれば文字や牌図が増えてしまいがちになってしまうもの。その量の多さに参ってしまうビギナーは決して少なくない。確かに麻雀の戦術は数多く、奥も深い。とはいえ、それを1から10まで説明したところで、いったいどれだけの知識を身につけられるだろうか。
 この本ならば1テーマに使うページ数は表裏の僅か2ページ。しかも要点を具体的にかつ簡潔にまとめている分、スペースにも余裕がある。麻雀の入門書を作る場合「文字は極力少なく」という鉄則があるそうだが、この本もそれに近い。簡単にマスターできれば、すぐに実戦で試したくなるのが人の性。ぜひ皆さんも麻雀を打つ前に一度この本を読んでみてはいかがだろうか。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

1 件中 1 件~ 1 件を表示