サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

  1. hontoトップ
  2. レビュー
  3. すなふきんさんのレビュー一覧

レビューアーランキング
先月(2017年6月)

すなふきんさんのレビュー一覧

投稿者:すなふきん

2 件中 1 件~ 2 件を表示

もう効果が現れてきました!すごい1冊です!

10人中、10人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

もう人間を49年もやっているので、仕事や人生に対する考え方は簡単には変わらないと信じていた。しかし、この本に出会い、その考えを変えなければならなくなった! その位、インパクトのある1冊であった。
本のカバーに「人生の価値は、何を知っているかでなく、何をしたかで、決まります。」と書かれている。これに、何か心にグッと来るものがあり、即座に買い、一気に読んだ。カバーに書かれているように、1時間で充分に読むことが出来る。私も、1時間後には爽やかな気分で読み終えることが出来た。
最近、「夢」を実現するためのノウハウ書が、たくさん出版されている。私も何冊か読んでみたが、ある書は宗教的であったり、ある書は大きな努力が必要だったりする。最も単純なのは、ある言葉を口にするだけで、幸福になれると書かれており、ちょっと信じることが難しい。
しかし、この本に述べられていることは、非常にシンプルながら、理論的であり科学的であり、人間的であるという印象を受けた。人間味にあふれる「15の習慣」について、わかりやすく書かれている。しかも、筆者も訳者も、実際に実践し大きな効果を確認したと、前書きに述べられており、大きな自信を読者に与えてくれる。
この2〜3年で、日本の企業が海外に対して優位性を誇っていた終身雇用制は、どんどん崩れており、多くの国内企業でリストラが進んでいる。しかも、中途採用は落ちこぼれであるというイメージが強く残っており、日本企業に勤務する多くの人々が、自信を失いつつあることを強く感じるようになってきた。
この本は、私を含め、生きる自信を必要とする人々が強く共感できる本である。そして、多くの企業に勤務する人々が、この本に述べられている「15の習慣」を実践してくれたなら、日本企業が、本来、持っていた良さを取り戻すことが出来ると、強く感じた。
早速、私も実践しはじめたが、会社に行く気持ちが軽くなったように感じる。今後も、継続的に実践して行きたいと思う。もし、10年間、実践することが出来れば、10年後の私の顔の表情は、間違いなく魅力的なものになっているという自信が持てた。まさに今、仕事に悩んでいる人に、お薦めの1冊である。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

やはりそうだったのか!松下V字回復の秘密

7人中、6人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

やはり、アメリカのビジネスモデルであった。日本の代表的なエレクトロニクス・メーカーである松下電器ですら赤字転落し、一体、日本の製造業はどうなるのか・・・と心配していた。その松下電器が、この数年ほどでV字回復を成し遂げたので、非常に興味を持ち、発刊と同時に購入し、一気に読み込んだ。
あの日産ですら海外より社長を招いて、大胆なリストラをはじめとしたトップダウンの経営改革を行い、V字回復を実現した。しかし、松下電器はそのような話も聞かないし、中村前社長もそれ程、マスコミにも現れない。それでいて、着実に業績を上げているのには、以前より非常に興味を持っていた。
この本を読み、目からうろこであった。やはり、中村前社長は海外でマネジメントを経験し、そこで学んだ経営手法を非常に歴史のある松下電器に適応していたのだ。並大抵ではなかったと想像する。何故なら、松下電器は「経営の神様」と呼ばれた故松下幸之助氏が創業された会社である。全国の街々にある販売店による最強の販売ルートを持ち、徹底した事業部制によるムダのない工場運営など、日本が生んだ非常に優れたビジネスモデルを持っている会社であるからだ。
しかし、著者である経営コンサルタントの的確なアドバイスと、中村前社長の非常に強いリーダーシップによって、このV字回復が実現された。その成功のキーワードは非常にシンプルではあるが、日本のほとんどの製造業で忘れ去られたり、気がつかない内容であった。日本の成功事例であるトヨタ自動車のビジネスモデルと少し似た点もあるように思うが、汎用性は極めて高いという印象を受けた。そのキーワードが非常に詳しく説明されている。それは松下電器のコンペチタも、こぞって経営革新を行っている中、こんなに詳細にビジネスモデルを説明して良いのかと心配になるぐらいの内容であった。
現在、会社に勤務し、現在のマネジメントやビジネスモデルに疑問を持つ場合には、お薦めの書である。さらに、このように体系的に、かつ、ドキュメンタリーに書くことのできる著書の力量に、ただただ、驚くばかりであった!

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2 件中 1 件~ 2 件を表示