サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

  1. hontoトップ
  2. レビュー
  3. ひろさんさんのレビュー一覧

レビューアーランキング
先月(2017年9月)

投稿数順ランキング
先月(2017年9月)

  1. 1

    UP

  2. 2

    UP

  3. 3

    UP

  4. 4

    UP

  5. 5

    UP

    体が硬い人のための柔軟講座 (NHKテキスト 趣味どきっ!)

    体が硬い人のための柔軟講座 (NHKテキスト 趣味どきっ!)

    中野 ジェームズ修一 (講師),日本放送協会 (編集),NHK出版 (編集)

    5つ星のうち 4.0 レビュー詳細を見る

ひろさんさんのレビュー一覧

投稿者:ひろさん

1 件中 1 件~ 1 件を表示

紙の本ゾウを倒すアリ

2007/01/26 09:21

凄いビジネスモデルに感動した

6人中、6人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

 本書は、企業経営者のみならず、ベンチャー・スピリットをもつすべてのビジネスピープルに読んでほしい、問題作である。
 かつて、ホリエモンが「アリがゾウを倒す」という言葉を使っていたことがある。その言葉に惹かれて、株主になった人も多いと思う。
 しかし、それは「幻想」であった。それでも、筆者は「アリが像を倒す」ということ自体は、ありうることだと述べている。
 ふつう、中小企業の経営者も社員たちも、ホリエモンや「ヒルズ族」のようにはなれない。でも、成功したい気持ちはどこかに強く持っている。そんな人たちに、本書は、「ゾウを倒すための知恵」を呈示している。
 筆者は、長年、全国の膨大な中小企業を取材・分析したという。その結果、「大手に勝つ秘密」が明らかになった。
 それは、一対一の人間力で勝負する「一次元の経済」、地域に根付いた戦略で勝ち進む「二次元の経済学」そしてグローバルな視野で海外をフル活用して閉塞状況を打破する「三次元の経済学」が基本となる。
 しかし、それらの次元をいかに工夫しても、そこにとどまる限りは、いずれ大手企業の軍門に下ることは目にみえているだろう。そこで筆者は、もうひとつの「軸」を持つべきだと主張する。それが、「時間」や「情報」の本質をふまえて展開する「四次元の経済学」となる。
 それにもとづいてビジネスモデルを組み立てれば、アリも堂々と市場で戦いを挑み、ゾウを倒すこともできる。その実例とヒントが、本書にはぎっしり詰まっている。
 何よりも、本書で展開されている「取材から学んだ15のモデルケース(物語)」が、秀逸である。まるで小説のように、すらすら読めて、すらすら心に入ってくる。正直、ビジネス書で、ここまで感性に訴えた本は、珍しいのではないかと思った。
 大手企業がひしめく弱肉強食の市場において、中小企業がどんなビジネスモデルを作れば自社のポジショニングを確保できるか、君臨するゾウに踏み潰されることなく、持続的な成長を遂げるかという難題に応えています。
 経済を学んでいる学生にも、参考になると思う。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

1 件中 1 件~ 1 件を表示