サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

  1. hontoトップ
  2. レビュー
  3. art-cultureさんのレビュー一覧

レビューアーランキング
先月(2017年6月)

art-cultureさんのレビュー一覧

投稿者:art-culture

1 件中 1 件~ 1 件を表示

待ち望まれた本、しかし・・・

6人中、6人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

フランスは、文化政策(さらに文化政策研究)に関する長い伝統と強固な制度的基盤を持った国であり、先進国の中でも、フランスの文化政策の持つ重要性はきわめて大きい。しかし、日本で紹介されるのは、英語で(文化政策の充実という点ではフランスに遅れをとる英国や米国について)書かれたテクストの翻訳や紹介ばかりで、フランスの文化政策についてフランス語から訳されたものはきわめて限られているのが現実である。イヴ・レオナール編『文化と社会』は2001年の刊行であり、すでに6年が経っているうえに、扱われている内容はさらに古いので今日の政策を適切に伝えるものでは亡くなりつつある。本書は、今日のフランスの文化政策を相当に網羅的に(あとがきにもあるように重複もしているが)、統計に基づいて、緻密で説得力のある議論を展開している。まさに待ち望まれた一冊である。
しかし、翻訳については相当な難がある。「報告書」にあたるフランス語のrapport(英語のreport)は、一箇所ならまだしも全ての箇所でrepportと誤記されている(正しく書き写すだけのはずだが・・・)。ほかにも、contratがcontrantになっていたり、アクセント記号が抜け落ちたり、逆向きになったり、cultureがcuitureになっていたり、本書のフランス語表記は全く信用ができない(無理につける必要はないのだから、つけないほうがよかった)。さらに、巻末には2頁の対訳表が(これも本来は不要なのだが)載せられているが、「大道芸」を意味するArts de la rueが「大道芸劇場」(大道芸に劇場とは初耳だ)、「国立美術館・博物館」であるmusees nationauxは「指定ミュージアム」(?)、音楽の著作権管理団体であるSACEMが単に「集中的著作権管理協会」となっていたり、学術書としてはあり得ないレベルの誤訳にあふれている。そもそも、著者の名前のXavierはクサビエではなくグザヴィエである。
なぜにこのような、著者のためにも、翻訳者のためにも、読者のためにもならない不幸な出版がなされてしまったのか。学術出版全体に対する信頼性を損ないかねないという意味では犯罪的でさえある。補助金や助成金の問題があったのかもしれないが、単純にいって、年度内の出版を強行すべきではなかった。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

1 件中 1 件~ 1 件を表示