サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

  1. hontoトップ
  2. レビュー
  3. BPさんのレビュー一覧

レビューアーランキング
先月(2017年9月)

投稿数順ランキング
先月(2017年9月)

  1. 1

    UP

  2. 2

    UP

  3. 3

    UP

  4. 4

    UP

  5. 5

    UP

    体が硬い人のための柔軟講座 (NHKテキスト 趣味どきっ!)

    体が硬い人のための柔軟講座 (NHKテキスト 趣味どきっ!)

    中野 ジェームズ修一 (講師),日本放送協会 (編集),NHK出版 (編集)

    5つ星のうち 4.0 レビュー詳細を見る

BPさんのレビュー一覧

投稿者:BP

1 件中 1 件~ 1 件を表示

紙の本ジャングルの国のアリス

2003/03/14 21:20

『CIAのアリス』が読みたい私

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

 ティプトリーの幼少時代を母親で作家のメアリ・ブラッドリーが書いた
子供向け本『ジャングルの国のアリス』(未知谷刊)読了。

 80年前、たぶんアメリカ人の子供としてはじめてアフリカ奥地へ入っ
ていったアリス・シェルドンを主人公にした紀行冒険ノンフィクションが
この本なのだけど、ティプトリーという人を知りたいSFファンには、特
別な一冊。


 6才のティプトリーが象にのったり、猿とたわむれている写真が載って
いるのだけど、何か寂しげ。6才の娘って、もっと笑ってるぞ、と思うの
だけど…。後年のティプトリーの像を投射してみちゃうからかもしれない。


 お母さんがライオンに喰われそうになったり、火山の火口を覗いたり、
ポーターの現地人が仲間を喰っちゃったりと、ハードな体験目白押し。

 これをティプトリーの書く異世界描写の原点と見るのは短絡だけど、強
烈な原風景になっているのは間違いないっしょ。

 続編の『象の国のアリス』も翻訳されんかなーー、本当は後年のアリス
の職場での活躍を描いた『CIAのアリス』が読みたい私です。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

1 件中 1 件~ 1 件を表示