サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

  1. hontoトップ
  2. レビュー
  3. 淳さんのレビュー一覧

淳さんのレビュー一覧

投稿者:淳

1 件中 1 件~ 1 件を表示

紙の本IT革命?そんなものはない

2001/01/31 23:23

携帯電話だってITの賜物ですよ

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

 総理大臣を筆頭に、やれIT革命だ、それEコマースだと喧しい世の中、IT革命って本当にあるの? というお題目を掲げて、IT革命批判に終始している対談本である。いやより正確にいうと、IT革命という錦の美旗の下で浮かれている人達をバッサバッサと斬りまくる、ある種の人々にとっては痛快な本といえる。

 とにかく徹頭徹尾、IT革命礼賛者の意見を扱き下ろしまくっている。ネットバブル(どうもいまは弾けてしまったようだが)や中身のないITビジネス連中の浮かれっぷりはたしかに端から見ていてあまり好感の持てるものでは無かったが、この本を読むと溜飲が下がる以上に、そんなに批判して大丈夫? とやや不安にもなる。

 また残念なことにIT革命批判の拠り所が経済の観点のみであって、技術的な考察に甘さが多く、やや頓珍漢な議論を繰り広げている。

 ひとつ例をあげよう。インターネットで提供されている情報が玉石混淆であることは真実であるが、それゆえに重要な情報はない、と結論付けている。キーワード検索はキーワードの付け方が恣意的なので、本当に欲しい情報に辿り着くことができない、と読者をミスリードしている。

 しかし google のような優れた全文検索エンジンが登場している昨今、検索キーをうまく選べばたいがい必要な情報には行き着くものだ。たしかにある程度のコツがユーザには求められるがそれが情報リテラシである。対談のご両人には、探し方が悪い、と指摘するしかない。

 この本を読んで、ITそのものがダメだ、というような誤解を覚えない方々には薦められる。本書の内容を鵜呑みにしてしまう恐れがある人には、お薦めするのはちと怖い。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

1 件中 1 件~ 1 件を表示