サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

  1. hontoトップ
  2. レビュー
  3. 山本 純さんのレビュー一覧

山本 純さんのレビュー一覧

投稿者:山本 純

12 件中 1 件~ 12 件を表示

科目別の練習問題+詳しい解説。基本情報技術者試験に対応したテキストで,合格後も有用

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

 基本情報処理技術者試験とは,情報システム開発・運用や利用などの広範な活動領域における人材に対し,その基礎レベルともいうべき基本的,共通的な情報技術の習得状況を評価するための国家試験(認定試験)である。昨年までは「第2種情報処理技術者試験」という名前であったが,2001年より「基本情報処理技術者試験」と名を改め新しいスタートを切ることとなった。本書は,情報処理技術の基本を解説した「2種情報標準教科書」を,「基本情報技術者試験」に対応したテキストとして,内容を大幅に書き改めたものである。
 本書で取り扱う分野は「コンピュータ科学基礎」「コンピュータシステム」「システムの開発と運用」「ネットワーク技術」「データベース技術」「セキュリティと標準化」「情報化と経営」の全7章である。各章の終わりには練習問題がそれぞれ付属しており,章ごとに学んだ内容をチェックできる。情報処理業務における基本的な内容を的確に押さえているので,「基本情報技術者」の合格後もテキストとして有用である。
(C) ブッククレビュー社 2000

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

基本情報技術者試験範囲を基礎から学ぶテキスト。合格だけでなく,実力をつけたい人に最適

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

 いよいよ2001年より技術者試験の新制度が始まる。旧第2種情報処理技術者試験は新たに「基本情報技術者」という名前になり新しいスタートを切ることになった。旧第2種情報処理技術者試験は情報処理技術者関連試験の中でも最も受験者数の多い試験であり,合格率はおおむね12%であった。本書は,「基本情報技術者試験」の受験対策として,問題を中心に実践的かつ統計的に試験のポイントを学習することを目的としたテキストである。
 過去の第2種情報処理技術者試験既出問題を徹底的に分析して,その出題頻度から,分野,テーマを厳選して構成してある。全14章のうち1章から10章は午前の試験に,また11章から14章は午後の問題にそれぞれ対応する内容となっている。また各章は分野を小さなテーマに分け,テーマごとに基礎問題と練習問題,応用問題から構成されており,重要な問題から優先的に学び応用力を徐々に養う作りになっている。基本情報処理技術者試験対策に最適の1冊。
(C) ブッククレビュー社 2000

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

この本できちんと学べば,合格しないほうが不思議。基本情報技術者試験「午後」のバイブル

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

 新試験制度で実施される基本情報技術者試験を突破するのに必要な要素が,短期間でものにできる合格標準テキスト。情報処理試験のテキストでありながら,柔らかい表現が使われている上,イラストや写真などがふんだんに使われているので,わかりにくい概念も具体的に把握しやすい。著者独自の解析と切り口によるわかりやすい受験指導は定評があり,情報処理技術者向けの書籍はロングセラーとなっている。長年受験指導をしてきた経験を生かし,読者がつまづきやすい個所や,誤解しやすいポイントを丁寧にフォローしている。
 本書は基本情報技術者試験の午後試験用のテキストだが,プログラミング言語についての解説は英断により割愛しているので別の参考書が必要になる。ただしプログラミング言語を省く引き換えに,大量の流れ図(フローチャート)を使用することで読者の理解を助け午後試験に合格点を取ることに焦点を絞っている。普通の基本情報技術者試験用の参考書が「硬すぎて性に合わない」人にお薦め。
(C) ブッククレビュー社 2000

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

スキル標準に対応。初級シスアド試験突破のための完全合格教本といえ,無味乾燥な試験参考書とは大違い

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

 初級システム・アドミニストレーターとは,「ユーザー企業において,情報技術に関する一定の知識・技能をもち,部門内またはグループ内の情報化をエンドユーザーの立場から推進する者」のこととされている。つまり平たく言うと,職場(や教室)内にいるコンピューターに詳しい人である。しかもその人は実際にコンピューターの前で業務をする人たちの味方である。実際にコンピューターの前で業務をする人をエンドユーザーというが,このエンドユーザーの要件をシステム開発部門に伝え,エンドユーザーに最適なシステムをシステム開発部門に提案できたり,職場でのシステム運用を管理・支援できる能力が必要である。
 本書は,広範にわたる「初級システム・アドミニストレーター試験」の出題範囲を,簡潔にかつわかりやすく解説したテキストである。無味乾燥な試験参考書とは一線を画しており,難しい概念を的確に表現したナイスなイラストや,具体的なイメージをつかみやすい写真などを多数掲載している。
(C) ブッククレビュー社 2000

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

過去問題は受験対策の強力なヘルパー。基本情報技術者を受験するならこれが最適の道しるべ

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

 基本情報技術者試験は2001年から実施される新しい制度である。2000年までは第2種情報処理技術者試験という名で実施されていたシステム開発者を目指す人向けの試験であったが,昨今の情報産業や一般社会の状況から応募者がシステム開発者のみならず,情報システム全般の基本的な知識,機能を身につけたい学生を含む多くの人たちが資格の取得を目指しているのを受けて名称が「基本情報技術者」に変更されたと言う側面もあり,基本的には第2種情報処理技術者試験と同等の位置付けである。基本情報技術者試験は情報処理関連試験の中でもっとも注目され,受験者数が多いと予想される試験である。その習得すべき内容から,社会や企業からの期待が多く,評価も高い試験である。
 本書は1997年秋から2000年秋までのすべての第2種情報処理技術者試験について,その問題と解答・解説を載せたものである。基本情報処理技術者試験を受験しようとしている人で,とにかく問題に慣れたい人や,出題傾向を体得したい人に最適である。
(C) ブッククレビュー社 2000

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

VisualBasicが大好き!VC++は難しい!でもVC++も使いたい,と思っている方に朗報!

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

 Visual Basicはバージョンアップを重ねるごとに機能を強化している。もはや
VBがVC++に負けているのは実行モジュールのサイズと処理速度くらいだといえるかもしれない。
 しかし依然としてプログラム実装には速度や軽量を求められる機会が圧倒的に多い。VC++を使って高速なDLLやCOMを作成し,それらの制御はVBで行えたらどれだけ効率が良いだろうか。
 本書は
・VBの基礎知識がある人
・VBと比べながらVC++の優れた点だけをマスターしたい人
・VC++を使って高速・軽量なDLLやCOMを作成したい人
・VBとVC++を組み合わせたプログラムを作成したい人などを対象に,「VC++を使ってDLLやCOMといったソフトウェアコンポーネントを作る」ための知識を習得する目的で書かれたVC++の入門書である。目的をDLLやCOMに絞り込んでいるため,余計な知識に足を取られない上,統合開発環境の立ち上げ方から親切に書かれている。
 VBで培ったノウハウを軸に,VC++を効率良く利用しようとする方におすすめ。
(C) ブッククレビュー社 2000

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

最重要経営資源「知」を連携させ「知識想像経営」を実践するナレッジサーバ。概念,実績,使い方を解説

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

 『ナレッジ・マネジメントとは,「知」の共有である。現場の一人一人の知恵をサーバー上に共有し,いつでも誰でも参照できるようにすることである。』そう理解している人は変化の早いこの時代を生き残れないだろう。ナレッジ・マネジメントは決して,単なるデータベース管理ではない。グループのメンバ誰でもが登録できる掲示板と,掲示板の全文検索ができる仕組みが有ったとしてもそれはグループウエアに過ぎない。いくら共有フォルダに大量の「情報」を蓄積しても,検索の結果ヒットするのは『インターネットの検索で遭遇するような種種雑多な文書や文字列ばかり』である。直面する多くの困難や課題,さらに複雑多岐をきわめる経営の諸問題に対し,柔軟にかつ永続的に適応でき,解を与え続けられ経営的資源とは「知」以外にない。ナレッジ・マネジメントとはその「知」を組織として活用し価値を創造することである。
 本書は,株式会社NTTデータのナレッジサーバ・グループが,商品コンセプトをナレッジ・マネジメントとして開発・販売している「ナレッジサーバ」(商品名)をベースとして,ナレッジ・マネジメントの理論と実践について平易に解説した書籍である。
 解説文は平易であるが,「知」の共有の必要性や概念,「知」の共有による計り知れない効果などが身につくつくりになっている。
 また,NTTデータが実際に開発したさまざまな業種にわたる実績を掲載しているのも魅力だ。掲載されている業種は企業・オフィス,行政,介護・福祉,農業,教育,設備管理/設備保守・CAD図面管理,カスタマーサービス,研究機関,ドキュメント管理と,9業種18例にもおよび,読者の所属する企業や組織との共通点を見つけ出すことを容易にしている。
 巻末には48ページに及ぶ「Q&A」を設けて「ナレッジサーバ導入における企業の利点(コストに見合う効果)はどのような点に現れるのか」,「ロータスノーツとはどこが違うのか」「ナレッジサーバを簡単に言うとどんなものか」など素朴な疑問から実導入に向けての質問にまで答えている。
(C) ブッククレビュー社 2000

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

マルチメディアデータを効果的に活用するためのDirectXプログラミングを楽しみながら学ぶ

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

 コンピュータハードが高機能化し,有用なマルチメディア・ライブラリが簡単に手に入る現在こそ,マルチメディア開発者にとって待ちに待った時代だ。
 DirectXはMicrosoftが作成したマルチメディア開発用のライブラリであり,娯楽などを目的としたWindowsベースのアプリケーション作成には著作権使用料を支払うことなく自由に利用できる強力なコンポーネント群である。
 DirectXには3Dを構築するDirect3D,音楽関係を協力にサポートするDirectMusicやDirectSound,ユーザ入力用件の全てを処理可能なDirectInputをはじめ数多くのコンポーネントが含まれているが,本書ではこのDirectX7の全てをわかりやすく,利用しやすい形で取り上げている。
 本書を理解するにはVC++およびマルチメディアに関する基礎的な知識が必要だが,各章の最後には練習問題が用意されており,楽しみながら実力をつけることが可能だ。
(C) ブッククレビュー社 2000

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本わかる!ケータイ活用ガイド

2000/12/28 12:17

知ってると,ちょっと自慢できる。“ケータイ”の基礎と一歩進んだ使い方ガイド

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

 誰もが何気なく持っていて,さりげなく使っている携帯電話。話したいときに話したい人と気軽にコミュニケーションがはかれる。これはもう,まるでテレバシーが使えるようになったような便利さだ。ただ,多くの人が携帯電話の仕組みを知らないために,携帯電話が持つ潜在的な力を知らずに使っているのはもったいない事である。
 本書は携帯電話のヒミツ(と言っては大げさだが)を理解して,もっと無駄なく楽しく使うためのガイドである。携帯電話の基礎を知ることによって,効率の良い使い方や,機種選びの時に注意すると良い点などがわかる。新技術IMT-200のことについてもわかりやすく解説されているが,堅い話ばかりではなく「ちまたのガセネタ」のコーナーなど,面白かったり感心したりすることウケアイである。また本書の後半は,携帯電話を単なる「小さい電話」としてではなく「情報端末」として活用する方法が解説されている。NTT出版ならではの「携帯電話の一歩進んだ使い方」であるが,他のキャリアの情報もかたよりなく紹介されていて好感が持てる。
(C) ブッククレビュー社 2000

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

C++プログラマ必携の書。多数の演習問題を解きながら,C++の基礎を体得することができる

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

 C++は,現在アプリケーション開発用言語として最も普及している言語だが,「難解な言語である」または「バグを作りやすい言語である」等のイメージも払拭しきれない。堅実なプログラムを作成するためにはC++の概念やアーキテクチャを理解した上で,プログラミングの実績を積む必要がある。本書は,前書「標準C++の基礎知識」の続編として前書で学んだ概念や知識を体得できるよう,前書の内容を実践できる多数のサンプルプログラムや演習問題を紹介している。本書ではクラス,ネームスペース,演算子オーバーロードなどのオブジェクト指向プログラミングの話題からテンプレート,STL等の比較的新しい分野までが詳細に解説されている。
 本書の演習項目を実勢印するにはC++の開発環境が必要である。また,本書の内容は前書「標準C++の基礎知識」を理解したことを前提としている。C++の概念を理解・実践するために前書とともに本書を購読されることをお奨めする。
(C) ブッククレビュー社 2000

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

もう悩まない!周辺機器の増設が手に取るようにわかる。ハードウエア用語集としても便利な一冊!

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

 大ざっぱな見方をすれば,パソコンとは周辺機器を制御する機械だ。接続する周辺機器によって様々な使い方が可能になる。拡張性や多様性こそ,多くの人がパソコンに期待するイメージなのではないだろうか。とはいえ周辺機器の接続・増設は気の重い仕事である。何しろ専門用語のオンパレード。メモリひとつ増設するにも「シムですかディムですか」などと店員に質問される。やっと買ってきても,パソコン本体のどこにメモリを増設すべきなのか,よくわからない。
 本書はWindowsパソコンに限定して,その周辺機器のつなぎ方を解説した本である。メモリ・ハードディスクはもちろんのこと,ビデオカードやSCSIカード,CD-RドライブやDVDドライブ・ハンディーカムなど多種の周辺機器の接続方法について,用語の解説・実際の手順・確認方法などが広範囲に解説されている。非常にわかりやすく,またユニークな書き口なので,楽しみながら読み進められる。
 周辺機器を増設したいと考えている方は,周辺機器を買いに行く前に読めば,不安を解消できるだろう。パソコン関連ハードウエアの用語集としてもお奨め。
(C) ブッククレビュー社 2000

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

ウイルスの種類・感染経路・法措置から撃退法まで最新情報を網羅。ウイルスバスター体験版CD-ROM付き

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

 2000年5月,世界中の数十万台に及ぶコンピューターに猛威を振るった LOVELETTERウイルスは記憶に新しいところ。インターネットの普及に伴って,コンピューターウイルスという言葉も多くの人が意識するところとなった。インターネットへの常時接続や固定IP接続も実用化されつつあり,ウイルスに対する体系的な情報がより強く求められるようになった。
 本書はコンピューターウイルスの感染方法や破壊活動の手口などを平易な言葉と多くのイラストでわかりやすく解説しているので,コンピューター初心者やコンピューター暦は長いがウイルスには漠然とした知識しかない方に最適。また,多くの被害例やウイルスを作った側の心理分析,防御の仕方,ウイルスの見分け方,処理方法や被害の連絡先などが明記してあり,興味深く読み進めているうちに知識が身につく好著である。ウイルスバスター体験版(Windows用)やウイルスのデモンストレーションを含むCD-ROM付き。
(C) ブッククレビュー社 2000

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

12 件中 1 件~ 12 件を表示