サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

  1. hontoトップ
  2. レビュー
  3. kainさんのレビュー一覧

kainさんのレビュー一覧

投稿者:kain

1 件中 1 件~ 1 件を表示

紙の本だれが「本」を殺すのか

2002/07/02 20:07

犯人のわからないミステリーは第一級の作品ではない。

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

 作者は種々のインタビューなどで、「事件ものとしてこの作品をかいた」と答えている。
もし、本当にそうならこの作品は一級の作品とは言いがたい。現実に起きた事件だろうと、想像上のミステリーだろうと、ネタにした以上作者はある種の犯人像をはっきりと読者に提示する必要があるからだ。
 なるほど、「本」をめぐる状況は、大型書店の販売現場や取次などの流通の詳細な流れまで踏み込み、その問題点を指摘している。目新しい内容であり、資料的価値は高い。
 だが、個々の問題点や作者の嘆きがこれでもかと投げかけられているが、読後に「誰が「本」を殺したのか」という疑問が解消されることはない。
 おそらく作者も分らないからこそ、こうしたタイトルをつけ、読者に質問しているのだろう。が、作中には、関係者への悪口雑言の類がこれでもかというぐらい頻繁にでてくる。他者をこうまではっきりと批判する書き方をするなら、推測でもいいから犯人像を提示し、その捕まえ方を示す必要があったのではないだろうか。
 資料としてはいい。しかし、作品としてはどうだろうか。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

1 件中 1 件~ 1 件を表示