サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

  1. hontoトップ
  2. レビュー
  3. 雪屋 さんのレビュー一覧

レビューアーランキング
先月(2017年6月)

雪屋 さんのレビュー一覧

投稿者:雪屋 

6 件中 1 件~ 6 件を表示

紙の本寒冷前線コンダクター

2002/02/21 21:48

BL系メジャー作品

2人中、2人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

 ボーイズラブ系の作品といえば、代表的な作品ともなっている“フジミ”ですが、最近までなんとなく「とっつきにくさ」があった私。クラシックとかはおよそ縁もないし、難しそうな内容なのでは…? なんて感じていて、知ってはいても読むには至らなかった訳だけど、先日、遂に気になり読んでみる事に。そしたら、見事にハマッてしまった訳です。
 BL系の作品というと、文章としては小難しくなく、若い世代にも慣れ親しんだ感のある表現が多く使われていて読みやすい、中高生向けというイメージがあるが、秋月さんの作品はそれより少し上という感じの、しっかりした文章で、人物の話し言葉なんかもきちんとしたもので、内容にも粗がない。
 全体的には、それほどBL系的な印象は強くないが、きちんとツボもおさえてあるし、キャラクターも嫌味がなくて、私はあまり好きではない「男の女々しさ」も無くて、好感触でした。早く続きが読みたい気分です。

 「色々BL系は読み漁ったが、まだ読んでいない方」には特にお勧めしたいと思う1作です。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

バラエティー。

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

 タイトルになっている、「憎みこそすれ、嫌いになれない。」
 これは、兄弟もので、好きな人は好きな感じの、ソフトなボーイズラブ系の話しですが、その他にこの本に収録されているのは、中世ヨーロッパの歴史モノと、いわゆる普通の少女漫画的な高校生の恋愛モノが2作という、佐久間さんの過去の作品で、とにかくバラエティーに富んでいる。
 多くの佐久間智代の作品にあるような、男の子ばっかりが出てくる世界とはまた違って、私はとても新鮮で気に入っている。
 もちろん、「憎みこそすれ、嫌いになれない。」の兄弟達については、続編などを期待しているのだけど…

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

本当にプラトニックです

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

 最近のボーイズラブ系の作品はやたらめったらHシーンが多くて、内容が薄いというか…いまいち読み応えのあるものにめぐりあえないのですが、この作品はというと、まるでっていうか本当にプラトニックな話しです(続きがどうなるかはまだ読んでいないので分かりませんが…)。
 頑張って成長しようとしている少年っていうのはとても応援したくなるし、それを手助けしてやりたいっていう大人の男っていうのは兎に角魅力的だし。文句なし!
 色々と伏線があるので続きが気になりますし、読んでいて飽きないです。
 おおや和美さんのイラストと作品の雰囲気もマッチしていて良かったデス。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本俺の兄貴に首ったけ

2001/12/17 22:46

何とかハッピーエンド

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

 互いの気持ちを誤解している双子の兄弟・悠理と心理。悠理が先輩の帝を慕っているのが気に入らない心理は、生徒会長選挙で悠理を賭けて勝負することに。
 帝が会長になる為に仕掛けた策により大ピンチに陥る悠理と心理だけど、そのおかげで何とかお互いの誤解が解けてハッピーエンドの完結編です。
 それにしても森ノ宮学院、上様に大奥やら隠密やらが存在する、やたらに怪しい学校です。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本専制君主のソクバク

2001/12/03 00:14

ひかる、嫁にもらわれる。

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

 今回は前程に危なっかしいという場面はなくて(多少怜司がからんできてますが)、安心して読むことが出来ました。
 なんといっても、ベタベタの甘々っていう感じで、かねてから約束していた、ひかるの実家に慎一を紹介しに行く事に…。
 実家でのひかるは、いつもと少し違って“お兄ちゃん”している感じが新鮮でした。
“大おばあちゃん”と呼ばれている、ひかるの曾祖母のキャラがとてもいい!! 酔っ払った親戚一同の前で、慎一の嫁にもらわれることになった?ひかる。
 このまま幸せな状態が続けばいいけど、この後の雲行きはちょっと…怪しい予感が…

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本天使ちゃんはご機嫌ナナメ

2001/12/03 00:04

番外編が妙で面白い!

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

 大学生になった恋人・覇王とはすれ違いばかり。加えて問題児の新入部員をかかえテニス部部長になった“エンゼンルちゃん”こと翼は悪戦苦闘。
 その上、問題の後輩には告白されて、胃の痛い毎日。
 ひとりで問題を解決しようと頑張っている翼は、覇王には内緒にしているけど、流石といおうか全てお見通しの覇王がささっと解決してしまう。
 あんなに完璧な男が恋人だなんて、羨ましい限り。
 更に、私は本編よりも面白かったと思う、巧馬・梅宮・佐久間のトライアングルカップルのなれそめ(?)の番外編が収録されています。
『おにーさまとお呼び』にも少し出ていた彼らのやりとりが詳しく書かれてます★

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

6 件中 1 件~ 6 件を表示